2019.05.26ブログ

掘削工事

【法令】

公道を掘削する場合は、道路管理者から道路占用許可、道路掘削許可を得ます。警察署長から道路使用許可を得て、条件を順守して適正に施工します。道路を掘削する場合は、地下埋設物、土質条件、周辺の環境および給水管の土被りなどを総合的に検討し最小で安全かつ確実な施工が出来る掘削断面および土留め工法を用います。

掘削深さが1.5mを超える場合は、切取り面がその箇所の土質に見合った勾配を保って掘削出来る場合を除き、土留工を施します。

掘削深さが1.5m以内でも自立性に乏しい地山の場合は、施工の安全性を確保するために適切な勾配を定めて断面を決定するか、土留工を施します。

【掘削工事】

舗装道路の掘削はカッターを使用し、回りは方形に、切り口は垂直になるように掘削します。ガス管、電線管、下水道管等の埋設部に近接して掘削する場合は埋設物管理者の立ち合いを求めます。

道路内の埋戻しは道路管理者の承諾を受け、指定された土砂を用います。厚さ30cmを超えない層ごとにタンピングランマで充分に固めて、陥没や沈下を起こさないようにする必要があります。道路以外の埋め戻しは土地の管理者の承諾を得て、良質な土砂を用いて、厚さ30cmを超えない層ごとに十分固めます。

道路の埋戻し作業に使う材料は、良質な土砂や改良土を使いますが、含水率の高い泥土は使ってはいけません。締固めはタンピングランマ、振動ローラーなどの転圧機を使います。

【道路の復旧工事】

道路の本復旧は道路管理者の指示に従って、埋戻し完了後に速やかに行います。速やかに本復旧が難しい場合は道路管理者の承諾を得た上で仮復旧を行います。

工事の施工者は、本復旧工事施工までの間は常に仮復旧箇所を巡回して、路盤沈下が生じた場合や道路管理者から指示を受けた時は、直ちに修復しなければなりません。

【現場の管理】

道路工事では、交通の安全等について道路管理者および所轄警察署長と事前に相談しておきます。工事の施工者は、工事の施工によって生じた建設発生土や建設廃棄物は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」や、その他の規定に基づいて適正に処理します。工事中に、万一、不測の事故が発生した場合は、応急措置を講ずると共に、直ちに所轄警察署長、道路管理者に通報し、水道事業者にも連絡します。

工事中に万一、不測の事故が発生した場合に備え、工事の時はあらかじめ所轄警察署の連絡先を工事を行う者に周知徹底しておきます。

ガス管、下水道管などの埋設物を損傷した場合は、直ちに埋設物の管理者に通報し、その指示に従います。掘削に当たっては工事場所の交通安全を確保する為、保安設備を設置し、必要に応じて交通整理員等の保安要員を配置します。また、工事中の作業員の安全にも注意します。
お問い合わせ