2024.06.22ブログ

下水が詰まる原因や自分で治す方法・予防までお教えします

ご自宅の水回りの中でも特に水以外のものが流れてきやすい下水は詰まりやすい場所になっています。

実際に下水が詰まってしまい原因や対処方法がわからず、最終的に専門業者を呼んで対応してもらった人も少なくないのではないでしょうか。

この記事では下水が詰まる原因や自分で治す方法・予防に関してまで詳細にお教えいたします。

下水の仕組みについて



下水 詰まり1

「下水」は汚水・雑排水・雨水といった3種類が合わさっており、そのうち汚水と雑排水は生活排水と呼ばれるものです。

基本的に建物の内部では生活排水と雨水を合流させて、専用の排水機関を使い異物と水の分離をさせ公共の下水管に水だけを流しています。

この下水に詰まりが発生すると普段から利用しているお風呂やトイレの故障原因になってしまい、日常の生活に影響が出てしまう可能性があります。

下水が詰まる3つの原因



下水 詰まり2

下水が詰まってしまう3つの原因としては以下があげられます。


  • 水関係の利用の仕方

  • 自然の災害や排水管周辺環境

  • 建物自体の構造



水関係の利用の仕方や自然の災害や排水管周辺環境・建物自体の構造といった点が原因になりやすいです。

ここからは、上記の下水が詰まる3つの原因に関して詳細な内容を記載していきます。

水関係の利用の仕方



下水には自宅内のお風呂やトイレ・洗面台・キッチンといった水回りから流れてきた水が集まってくる場所です。

そのため、トイレでトイレットペーパーを大量に長てしまったりお風呂から流れてきた皮脂や抜け毛・石鹸カスといったものが原因で詰まりが発生します。

トイレットペーパーを大量に流さないようにしたり、風呂から直接皮脂や抜け毛などが流れないようにするなど、対策して利用することが大事です。

自然の災害や排水管周辺環境



排水管は地中に埋まっていたりすることが多く、大雨の影響で土が流れ込んだだけでも詰まりが発生し水が流れなくなってしまいます。

台風・地震によって地盤に影響が出てしまった結果、下水管の勾配が逆転し詰まりや逆流が発生することもあります。

近くに木が生えていてその根っこが伸びてきた結果、排水管を突き抜けて詰まりになるなど、排水管の周辺環境も影響されやすいです。

建物自体の構造



マンションやビルといった建物の場合、上の階から順番に各部屋の下水をまとめて下の階へと流すので勢いがついて詰まりが発生しにくいです。

戸建ての場合排水管が横方向に伸びていることが多く、マンションやビルほどの下水の勢いがつきづらく詰まりが発生しやすいです。

そのため緩やかな勾配になっている排水管は、戸建の場合下水自体の勢いが弱くなってしまって詰まりの原因になってしまいます。

下水の詰まりを個人で直す4つの方法



下水 詰まり3

下水の詰まりを個人で直す方法は以下になります。


  • 高圧洗浄機を使う

  • ワイヤーブラシを使う

  • 真空式パイプクリーナーを使う

  • 液体パイプクリーナーを使う



高圧洗浄機やワイヤーブラシ・真空式パイプクリーナー・液体パイプクリーナーといった道具を使っていく方法になります。

下記では上記の下水のつまりを個人で直す方法に関して、順々に詳しくご説明していきます。

高圧洗浄機を使う



業者の方が専用で使っているイメージのある高圧洗浄機ですが、業務用と家庭用が販売されているため個人でも使うことができます。

自宅の下水の詰まりが頻繁に気になるようなら、一台購入して置いておくのもありですね。

ただし、高圧洗浄機自体の扱いは少し難しく、安いものだと勢いが弱くて汚れなどが取れないといった点に注意が必要です。

ワイヤーブラシを使う



詰まりの発生箇所が排水管の浅いところだった場合、排水管のサイズに合わせたワイヤーブラシを使うのがおすすめです。

実際に使う場合汚水や汚物が周辺に飛び散ってしまう可能性があるので、事前に新聞紙・養生シートといったものを敷いておいたほうが良いですね。

またワイヤーブラシの強度自体も大切で、弱いものだと排水管の中で曲がってしまう可能性があるため、強度がしっかりとあるものを選びましょう。

真空式パイプクリーナーを使う



野菜のクズや軽めの油・ぬめり・トイレットペーパーといったことが詰まりの原因なら、真空式パイプクリーナーがおすすめです。

近い仕組みで詰まりを解消できるラバーカップよりも強力で、詰まりの原因となっているものを吸い取ってくれます。

ラバーカップよりは強力なのですが、詰まりの原因が大量のトイレットペーパーや蓄積年数の長い汚れといった重度のものになると厳しいため他の方法にしたほうが良いです。

液体パイプクリーナーを使う



詰まりの具合が軽めのものであるなら、濃度が2%程度の液体パイプクリーナーが使いやすくておすすめです。

使い方は簡単で液体パイプクリーナーを流して一定時間放置後、水を使って洗い流すだけですが、放置時間を無視すると液体そのものが固まって詰まりの原因になる点に注意が必要です。

特に程度が軽い詰まりに効果がある方法なので、重度の詰まりだと液体パイプクリーナーでは解消するのが難しいです。

下水の詰まりは予防できる



下水 詰まり4

下水の詰まりは普段から水回りを利用する際に気を使ったりすることで詰まり自体の予防をすることができます。

排水に汚れが溜まってしまう前に液体パイプクリーナーやワイヤーブラシを利用するだけでも、ちゃんとした予防になります。

よほど放置しない限り業者に依頼しないといけないレベルの重度の詰まりにはならないので、普段から予防はしておいたほうが良いです。

まとめ



下水 詰まり5

今回は下水が詰まる下人を始め自分で直す方法や予防についてまでお教え致しました。

重度の詰まりでは無い限り、市販の物を利用して個人で詰まりを解消させることは可能です。

また事前に予防をしておくことで、業者に依頼しないといけないような重度の詰まりになる可能性を下げることができます。


【弊社作業内容】
一戸建て、分譲マンション、賃貸アパート、店舗において、トイレ、キッチン、台所、厨房、浴室、洗面所、洗濯などの水道トラブルで、蛇口や水道管及び下水管の水漏れ、詰まりに対する修理、交換を行います。
水道局指定工事店です。

【お見積り】
ご相談・お見積りは無料です。

【営業時間】
年中無休の9~23時


【神奈川県内全域対応】

横浜市、川崎市、相模原市の政令指定都市を中心に、
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、秦野市、
厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町を対応致します。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお気軽にお問合せ下さい。
お問い合わせ