2019.05.12ブログ

金属管の接合

【ライニング鋼管の接合】

硬質ポリ塩化ビニルライニング鋼管、耐熱性硬質塩化ビニルライニング鋼管、ポリエチレン粉体ライニング鋼管の接合は、ネジ接合を原則とします。管の切断は局部加熱を避けて自動金鋸盤、ネジ切り機の自動丸鋸盤を用い直角に切断します。パイプカッター、チップソーカッター、ガス切断、高速砥石は使用しません。管切断面のかえり、まくれはスクレーパーで管端内側の硬質塩化ビニルの厚さ1/2~1/3を面取りします。鋼管のネジは管用テーパーネジです。ネジの切削は局部加熱を避け、専用ネジ切り機を使用し、切削油には水溶性切削油を用います。鋼管をネジ接合する場合、ネジ切り後に清掃し、ネジ部および管端部に防食シール材を塗布し、最小ネジ山数を確保し締めつけます。配管端部の接続部分の腐食防止の為、管端防食継手を用います。埋設配管にする場合は外面樹脂皮膜継手を用いるか、防食テープを巻きます。

【ステンレス鋼鋼管の接合】

ステンレス鋼鋼管および波状ステンレス鋼管の接合は伸縮可とう式継手、プレス式継手を使用します。伸縮可とう式継手は重荷重の作用する埋設配管に、プレス式継手は屋内配管に使用します。伸縮可とう式継手は、埋設地盤の変動に適応出来るように継手に伸縮可とう性をもたせたもので、ワンタッチ方式が使われています。プレス式継手は専用締付け工具を使用するもので短時間に接合できます。

【銅管の接合】

銅管接合にはトーチランプか電気ヒーターによるロウ接合、はんだ接合、機械継手があります。接合には継手が用いられますが、25㎜以下の給水管直管部は胴接ぎとすることが出来ます。ロウ接合は管の差込部と継手の受口の隙間にロウを加熱溶解して毛細管現象で吸い込ませて接合します。機械継手の接合にはプレス式接合があります。

【ダクタイル鋳鉄管の接合】

ダクタイル鋳鉄管の接合にはメカニカル継手、プッシュオン継手、フランジ継手があり、接合形式はK形、T形、NS形、GX形があります。K形、T形の異形管の接合箇所には管防護が必要です。NS形、GX形は伸縮性があり、曲げることもできるので、地震で地盤が悪い場合でも、管体に無理な力がかかることなく継手の動きで地盤の変動に適応出来ます。締付にはラチェットレンチ、トルクレンチ、スパナ等を用います。滑剤は継手に適合するもので、グリースなどの油剤類は使用してはいけません。

 

 

一戸建て、分譲マンション、賃貸アパート、店舗において、トイレ、キッチン、台所、厨房、浴室、洗面所、洗濯などの水道トラブルで
蛇口や配管、下水管の水漏れ、詰まりに対する修理、補修、交換、除去、解消を行います。

階下漏水や散水栓、水栓柱の交換、リフォームなども対応可能です。

熟練したスタッフが問題箇所、問題点を素早く的確に見つけ、解決方法をお客様にお伝えし、工事や修理作業をスピーディーに対応致します。

ご相談・お見積りは無料です。ご希望金額に添えるように致します。

年中無休で営業しておりますので、お気軽にご連絡ください(場合によっては夜間対応も行います)。

【神奈川県内全域対応】

横浜市、川崎市、相模原市の政令指定都市を中心に、
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、秦野市、
厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町も対応致します。

静岡県東部、東京都内も対応可能。

お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ