2019.03.20ブログ

大和市で排水管の一部補修をしました

大和市で排水配管の一部補修をしました。糊付けが甘かったのか、劣化なのかわかりませんが排水管が抜けてしまっています。この径100mm排水管は解体現場の横のラーメン屋の管でかなり油まみれでした。解体工事現場でしたが、管が抜けたのはおそらく解体工事とは関係無いです。
排水管1排水管2

【排水管の補修方法について】

この写真のような場合は両隣の管をノコギリで切ります。そして点検口の為のチーズ(三方向の口)と直管をソケットを使って既設配管に糊付けします。配管の種類に応じて糊の種類も変わります。また、糊は繋げる2つの配管の内側と外側の両方に塗る必要があります。また、注意点として水がながれていくように勾配を取ることが絶対に必要です。逆勾配だと水は流れずに詰まりますからね。

なお、排水管を曲げたりする場合はエルボを使います。11°、22°、45°、90°など色々な角度があります。

それと、排水管を付ける時に両側の既設配管が全く動かない場合、新しい配管の糊付け部分が差し込めません。そんなときはヤリトリソケットを用います。これはソケットが伸び縮みするソケットで水道屋は排水工事の時に頻繁に使います。

【排水管の種類について】

排水管は基本的に塩ビ管で、台所、洗面、洗濯、風呂などの雑排管だと40mmか50mmで、トイレの汚水管だと75mmか100mmです。管径が短い方が配管をカーブさせるのが容易ですから扱いやすいです。75mmや100mmの径が大きい管を狭い地中で曲げたりするのは結構大変なことです。

真っすぐな管を直管といい、それ以外のエルボ(角度を付けて曲げられます)、チーズ(一方向から二方向に分けることが出来ます)、ソケット(管と管を繋げられます)、ヤリトリソケット(伸び縮みが出来ます)などを総称して継手と呼びます。

下の写真は管材屋で50mmの排水管の組み合わせを考えているところです。50㎜ぐらいだと小回りが利くのでハンドリングが良いです。

排水管の継手

また、たまにマンション等ではトミジ管(耐火二層管)などもあります。トミジ管の中は塩ビがはいっています。

耐火二層管

また、大きなお店などでは排水管も鉄管で施工しているところもあります。管径の大きな鉄管は旋盤という工作機械でネジ加工します。そういう所で水漏れしてたら水道屋がパッと行って治せないので大変です。鉄管でネジ加工が大変な場合、LAカップリングというパッキンで締め込むタイプの継手も御座います。ただし、管の表面が錆びて凸凹していたら難しいです。表面が比較的平滑な場合、LAカップリングでも水漏れは止まります。
お問い合わせ