2021.03.04寒川町

寒川町で洗濯パン取り付けと床の張り替えを行いました

こんにちは。神奈川水道です。

 

パソコンやスマートフォンと並んで、私たちの生活に深く入り込んでいるデバイスの一つに「タブレット」があります。

 

しかし、上記の2つに比べると使用率はそれほど高くありません。

 

なんか中途半端な感じがして、わざわざ買わなくてもいいやと思っている方も多いはず。

 

そこで今回は「タブレット」の魅力についてお話させていただきます。

 

タブレットとは

 

タブレットはスマホと同じようにタッチ・スワイプ操作を行うモバイルデバイスの一つです。

 

一般的には7インチから12インチのものが多く販売されていますね。

 

見た目は大きめのスマホやキーボードのないパソコンと考えて頂ければと思います。

 

単純に、タブレットとスマホはできる事は同じです。

 

ただ、操作性には若干の特徴がありますね。

 

小型のスマホであれば、寝ころんだまま片手で操作したり、コーヒーを飲みながら片手で操作することもできますが、タブレットのサイズになってしまうとこのような「手軽感」はありません。

 

テーブルや足において両手で操作することが多くなるでしょう。

 

それじゃあスマホでいいのでは?と思ってしまいますが、タブレットの最大の売りはちょうど良い「大きさ」なんです。

 

スマホでウェブページを見ているときに、文字が小さすぎて見えにくかったり動画を見ていても迫力がなかったりしませんか?

そんな悩みを解消してくれるのがタブレットなのです。

 

小型のパソコンと同じくらいのディスプレイサイズのものも少なくなく、文字も大きく表示できますし動画も快適に見ることができます。

 

また、タッチペンでの操作もタブレットの強みですね。

 

もちろん、タッチ操作ができるパソコンやスマホもタッチペンで操作することはできますが、はっきり言って不便です。

 

しかし、タブレットに関しては片手で操作ができない点を逆手に取り、タッチペン操作がとても快適になるように考えられているんですね。

 

保険などのサインが必要となるケースでもタブレットは活躍しています。

 

お絵描きアプリをダウンロードすればお子さんがタッチペンを使ってお絵描きを楽しむこともできますしね。

 

しかし、タブレットには電話機能がほとんどないという点には注意してください。

 

電話機能は最低限しか備わっておらず、大きめの画面でのウェブページ回覧やスマホ以上の画面での動画鑑賞を重視したデバイスであることは覚えておいてくださいね!

 

買う前までは使う事なんかないんじゃないかなと思っていましたが、実際に使ってみると良い面が多く見えてきてタブレットの存在価値を認識できています。

 

今回は「タブレット」についてお話させていただきました。

 

それでは続きまして、最近弊社で施工させていただきました事例についてご紹介させていただきます。

寒川町で洗濯パン取り付けと床の張り替えを行いました。

洗濯機のチャンバー 床にカビ床を剥がしたらカビ洗濯機と洗面所床のクッションフロア張り替え後

寒川町の一戸建てで、1年ほど前に、台所蛇口と洗面蛇口を取り替えたリピーター様からのご依頼でした。

洗濯蛇口と洗濯排水のチャンバーから水漏れを起こしてしまっていました。

洗濯蛇口は修理しましたが、洗濯排水のチャンバーは廃番品になっていましたので、お客様希望で洗濯パンの取付けをおこないました。

 

また、床に水が漏れていた為、クッションフロアに黒カビが発生していました

そこで、クッションフロアの交換もご依頼されましたが、クッションフロアを剥がしてみた所、その下の木材もカビていましたので、床自体の交換を行うことになりました。

 

【床の張り替え】

仲間の大工を呼んで、床を張り替えました。

まず、床の木を剥がします。

丸ノコ、バール、カッターなどを使って既存の床材を剥がします。

そして、新しいコンパネを張ります。

丸ノコで部屋の形に合わせて、コンパネを切って張り、ビスで固定します。

 

【クッションフロアの張り替え】

クッションフロアの張り替えは内装屋に頼みました。

まず、コンパネにパテを塗って下地の凸凹を無くします。

そして、パテが乾燥後にヤスリ掛けを行い、その上にクッションフロアの糊を付けます。

クッションフロアはカッターで切って部屋の形に合わせて張ります。

継ぎ目などはコークボンドを塗って完了です。

 

【洗濯パンの取付け】

洗濯パンの排水が壁排水だった為、勾配を取る為に、壁の排水管の位置より高い位置に洗濯パンを置く必要がありました。

床上配管の洗濯パンを取り付けようとしましたが、それでも高さが足りなかったので、大工に依頼して、洗濯パンの下に木材で台を作って下駄を履かせて、勾配を取るようにしました。

洗濯パンの排水トラップと排水管の間に、アキレスジョイントを接続して糊で接続しました。

また、洗濯パンの排水トラップの管径はΦ50でしたが、壁排水の管径はΦ40だったので、50-40の異径ソケットで接続致しました。

 

【洗濯パンの排水確認】

洗濯パンを設置後、洗濯蛇口の水を流して、排水が流れることを確認したので、作業完了となりました。

水漏れも有りませんでした。

 

現場を見て対応方法をご提案致します。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお問合せ下さい。

 

 

【弊社作業内容】
一戸建て、分譲マンション、賃貸アパート、店舗において、トイレ、キッチン、台所、厨房、浴室、洗面所、洗濯などの水道トラブルで、蛇口や水道管及び下水管の水漏れ、詰まりに対する修理、交換を行います。
水道局指定工事店です。

【お見積り】
ご相談・お見積りは無料です。

【営業時間】
年中無休の9~23時

【神奈川県内全域対応】

横浜市、川崎市、相模原市の政令指定都市を中心に、
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、秦野市、
厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町を対応致します。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお気軽にお問合せ下さい。
お問い合わせ