2020.11.28ブログ

トイレのつまりによる水漏れを対応致しました

こんにちは。神奈川水道です。

 

突然ですが皆さん、「鉛」についてどれだけ知っていらっしゃるでしょうか?

 

重くて硬いもの!くらいのイメージがある方も多いかもしれません。

 

鉛は、私たちが普段から口にしている食べ物にも微量ながら含まれているものもあります。

 

しかし、微量であれば人体に影響はありませんが大量に接種してしまうと「鉛中毒」と言う病気になってしまうことがあるのです。

 

そこで今回は「鉛中毒と水道管」と言うテーマでお話させていただきたいと思います!

 

鉛中毒と水道管の関係

 

鉛と水道管ってどんな関係があるの?と疑問に感じた方もいるはずです。

 

実は、水道管で使われている材質に「鉛管」というものがあります。

 

じゃあ、上水道管を通ってきている飲み水には鉛が含まれているの?と心配になりますよね。

 

残念ながら、微量ではありますが鉛を材質にした水道管から流れる水には鉛が含まれてしまうのです。

 

鉛管が使われていたのは1940年よりも以前の話で、現在の水道管の主な材質は「塩ビ管」となっています。

 

以前は鉛を接種することで人体に悪影響が出るということが知られておらず、欧米でも水道管には鉛が使われていたこともあり日本でも水道管は鉛管が使われていたと言われています。

 

鉛は「錆びにくい」・「柔らかい」といった特徴を持つ材質ですから、地中に埋め内部を水が通る水道管には最適の材質だったのでしょう。

 

それに加えて様々な角度に調整が必要となることも少なくありませんので、柔らかい鉛は加工しやすかったのではと考えられますよね。

 

その後、人体への悪影響が懸念され水道管の多くは鉄や塩ビ管などの材質に変更されています。

 

しかし、全国でも多くの鉛管が撤去されてきましたが残念ながらまだ鉛管が使われている場所があるのも事実です。

 

水道管としては抜群の特徴を持つ鉛でも、人体に悪影響が出てしまう可能性があると考えれば国が撤去を推進することも理解できますし、ぜひとも100%撤去を目指して努力していただきたいものです。

 

水道に関わる我々としても、鉛管による健康被害のニューズを見ると心が痛みます。

 

鉛に変わる材質として多く使われている塩ビ管は軽くて強度があり、腐食にも強い点が特徴的ですが加工面や低温に弱いといったデメリットもありますのでこれから更なる技術の進歩を期待したいところです。

 

今回は鉛と水道管についてお話させていただきました。

 

それでは続きまして、弊社で最近施工した業務をご紹介して行きたいと思います!

トイレ詰まり

トイレのつまりによる水漏れを対応致しました。

横浜市旭区の一戸建てで、トイレから水が溢れてきているので、緊急で水道修理をしてほしいとのことでした。

夜間でしたが緊急対応で修理にお伺いいたしました。

現場は閑静な住宅街で、40代の女性の方からのご依頼でした。

水を流すと便器一杯に水が溜まって、時間が経つと少しずつ引いていくということでした。

異物は入れていないということで、トイレットペーパーと便が詰まっているのではないかとのことでした。

 

【圧力ポンプ作業】

まず、ローポンプと呼ばれる手動の圧力ポンプを用いて便器内の詰まり除去を試みます。

ローポンプは便器内の排水口に、ローポンプを隙間が無いように密着させ、便器内に水を足してローポンプに水が浸かるようにします。

そして、空気が入らない真空状態にしてから、一気に引き抜きます。

30㎏程度のモノは持ち上げられる力で便器内の詰まっているモノに力が加わります。

便器が割れたりすることはありません。

1回で取れない場合は、繰り返し何度も引抜きを行います。

今回はこのローポンプ作業で詰まりは除去出来ました。

 

【尿石除去】

ローポンプでは詰まりが除去できるが、何度も詰まりが繰り返される場合があります。

排水管自体に問題があったり、トイレットペーパーの使用量は多いが水量が少なかったりなどの問題があるケースがあります。

ただ、年数が経っているトイレの場合、尿石が便器の排水管にこびりついているケースもあります。

この場合、黄色くなっています。

尿石とは、尿路結石という凄く痛い病気があるように、石のようになって便器の排水口にこびりつきます。

便器内が細くなる上にザラザラするのでトイレットペーパーがひっかかりやすくなります。

このような場合は尿石除去剤として、デオライトなどの薬品を入れて尿石を溶かす処置を行います。

 

【便器脱着作業】

ローポンプで引き抜くことが出来るのはあくまでトイレットペーパーと便です。

これら以外の異物。

携帯電話や、掃除のブラシ、尿取りパッドなどを落としてしまった場合は、ローポンプで中々引き抜くことが出来ないので、トイレを一回バラしてしまいます。

バラした上で便器の裏から異物を除去します。

トイレは便器、タンク、便座と3パーツに分けられているので、便座から外して、タンク、便器と1パーツずつ分解します。

そして、便器の裏や、排水管などに挟まっている異物を除去出来れば元の状態に戻します。

元の状態に戻して水を流した時に水漏れが無ければOKです。

年数が経っているトイレだとパッキン類などは劣化していて、ただ取り外して、取り付け直しただけでも水漏れすることがあります。

そのような場合はパッキン類も交換する必要があります。

 

【汚水管の高圧洗浄作業】

便器内ではなく、更にその奥にある汚水管で詰まっている場合もあります。

そのような場合、高圧洗浄機を用いて汚水管内の詰まりを除去します。

その際はなるべく、下手側(屋外側)から洗浄を行います。

そのために、家の外にある汚水桝の蓋を開けて、そちらから高圧洗浄機の洗管ホースを入れて作業を行います。

弊社の高圧洗浄機はガソリン式なので、強力な高水圧で管の隅々の詰まり、汚れを除去します。

 

【トイレの詰まり解消作業】

上記の対応方法を現場状況を見ながら行います。

あるいは組み合わせて対処致します。

現場を見て対応方法をご提案致します。

 

【トイレの修理・交換作業】

トイレ詰まりについて、上記でご説明しましたが、弊社はトイレの修理や交換を行うことも可能です。

トイレの水漏れ等ではタンク内の部品修理(ゴムフロート、ボールタップ等)で水漏れを修理します。

また、トイレは見えない箇所からも水漏れすることがあります。

トイレとタンクの間に密結パッキン、便器の下にガスケットなどのゴムパッキンも付いています。

これらも経年劣化して水漏れすることがありますので、ご相談下さい。

 

また、年数が経っていて、トイレ自体を交換したいというお客様の場合、トイレ交換を行います。

トイレにも色々な種類がありますので、現場を確認して、お客様にどういうトイレを付けたいのか確認致します。

便器の排水位置、タンクの手洗い管の有無、便座が手元リモコンか壁リモコンか、などの情報をお聞きして最適なトイレをお付けいたします。

 

 

【弊社作業内容】
一戸建て、分譲マンション、賃貸アパート、店舗において、トイレ、キッチン、台所、厨房、浴室、洗面所、洗濯などの水道トラブルで、蛇口や水道管及び下水管の水漏れ、詰まりに対する修理、交換を行います。
水道局指定工事店です。

【お見積り】
ご相談・お見積りは無料です。

【営業時間】
年中無休の9~23時

【神奈川県内全域対応】

横浜市、川崎市、相模原市の政令指定都市を中心に、
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、秦野市、
厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町を対応致します。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお気軽にお問合せ下さい。

 

トイレのトラブル料金など詳しくはコチラ!


 
お問い合わせ