2020.10.04横浜市

横浜市青葉区でグースネックの水栓を取り付けました

こんにちは。神奈川水道です。

 

今回は、私たちの生活になくてはならない「トイレ」についてお話させていただきたいと思います。

 

洋式トイレと日本

 

今でこそ当たり前のように使われている「洋式トイレ」ですが、その名前から察する事が出来るように外国式のトイレであることは明白ですよね。

 

「和式トイレ」はしゃがむタイプですが、「洋式タイプ」は便器に座って用を足すのが大きな違いとして挙げられます。

 

ちなみに、洋式トイレか和式トイレを使用してきた違いには「宗教」が大きな影響を与えたと言われています。

 

基本的にはキリスト教に近い宗教では洋式タイプ。イスラム教に近い宗教は和式タイプを使っている国が多いようですね。

 

それでは、日本はいつから洋式トイレを使うようになったのでしょう?

 

それは文明開化が起こった明治時代にさかのぼります。

 

当時、外国から持ち込まれた洋式トイレは外国人の家や外国人が多く利用する施設にだけ設置されており、まだまだ一般家庭には馴染みのないものでした。

 

その後、昭和時代になり戦争を経験した後に大きく日本は変革しましたよね?

 

トイレについてもこのタイミングで大きな変化が起こったと言われています。

 

戦後都市部のトイレを中心として水洗化が進められていきました。

 

それと同じタイミングで洋式トイレが広く普及していったのです。

 

1950年代には一般家庭でも洋式トイレを設置する家庭が増え、本格的に洋式化が始まっていったのです。

 

やはり、しゃがんで用を足すのと便器に座って用を足すのでは楽さは全く違いますからね。

 

和式が良いという方も少なからずいらっしゃいますが、これから高齢化社会がさらに加速する事を考えると洋式トイレはますます増えていくことは間違いありません。

 

それに伴って下水道関係のトラブルが多くなってしまうかもしれないことは懸念されますが、そこは下水道整備を進めていけば解決されていくのではと考えております。

 

しかし、和式は和式で良いところはあります。

 

下水配管を使わない為、配管トラブルなどの心配がないこともその一つですね。

 

ですから、予備的な役割も兼ねて完全に洋式化を推し進めていくのではなく和式もある一定数を確保しておくことも肝心なのではないでしょうか?

 

今回は洋式トイレと日本というテーマでお話させていただきました。

 

洋式トイレにもメリット・デメリットはございますが、私たちの生活を支えてくれる重要な役割を果たす設備でありますので日ごろからのメンテナンスを欠かさずに行っていたいものですね。

 

それでは続きまして、弊社で最近施工した業務をご紹介して行きます。

グースネックの水栓

横浜市青葉区でグースネックの水栓を取り付けました。

横浜市青葉区の分譲マンションの台所で、グースネックのTOTO製蛇口TKN34PBTRRを取り付けました。

既存蛇口は通常の蛇口の形状でしたが、タッチボタンの蛇口を探されていたそうで、蛇口の品番はお客様から指定がありました。

 

【水栓の取替え方法】

まず、台所のシンク下にある水と湯の止水栓をマイナスドライバーで時計回りに回して閉めます。

止水栓と蛇口の給水ホース、給湯ホースが接続されているので、この接続を外します。

次に、蛇口本体の一部を回して、プラスドライバーでビスを取る穴があるのですが、水垢で固着してしまっていて、パイプレンチで回しても、ビス穴と本体が共回りしてビスが見えませんでした。

 

そこで、サンダーを使って蛇口を輪切りにしました。

蛇口を横にスパッと輪切りにして既存蛇口を取り外すことが出来ます。

金属の細かい粉が周りに飛ぶので、あとでよく拭きとることと、シンクを傷つけないように切ることを注意する必要があります。

既存蛇口を取り外して、いざ新しい蛇口のTKN34PBTRRを取り付けようと、固定金具をシンクに設置しようと思いましたが、シンク下に張ってある木が水漏れによって腐ってボロボロになっていました。

この状態で固定金具を付けると、蛇口がグラグラするので、腐食した木を剥がした上で、新しい木をシンク下に取り付けてから、固定金具を設置しました。

そして、固定金具にTKN34PBTRRを固定し、シンク下の止水栓に蛇口の給水ホース、給湯ホースを接続して、蛇口の施工は完了です。

施工が完了したら、シンク下の左右の止水栓を開けて通水し、漏水が無いことを確認して作業終了です。

 

 

【弊社作業内容】
一戸建て、分譲マンション、賃貸アパート、店舗において、トイレ、キッチン、台所、厨房、浴室、洗面所、洗濯などの水道トラブルで、蛇口や水道管及び下水管の水漏れ、詰まりに対する修理、交換を行います。
水道局指定工事店です。

【お見積り】
ご相談・お見積りは無料です。

【営業時間】
年中無休の9~23時

【神奈川県内全域対応】

横浜市、川崎市、相模原市の政令指定都市を中心に、
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、秦野市、
厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町を対応致します。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお気軽にお問合せ下さい。

 

キッチントラブルの料金など詳しくはコチラ!


 
お問い合わせ