2020.08.25真鶴町

真鶴町で排水桝の取替えをしました

こんにちは。神奈川水道です。

 

前回の記事ではペットボトルのリサイクルについてお話させていただきましたが、ペットボトルと並んで分別されリサイクルされているものは「空き缶」ですよね?

 

空き缶にもアルミ缶とスチール缶がありますので、それぞれがどのようにしてリサイクルされていくのかをご紹介させていただきます!

 

アルミ缶のリサイクル

 

アルミ缶のリサイクルの流れは大きく分けて2つになります。

 

1つは使い終わったアルミ缶を材料にして、また新しいアルミ缶を作ることです。

 

これはペットボトルも同じようなところがあり、「CantoCan」とも呼ばれているリサイクルですね。

 

もう1つは他のものへとリサイクルさせる方法で、主にアルミサッシやバイク・電化製品などに再利用されます。

 

ちなみに、アルミ缶を再利用することで非常に多くのエネルギーを節約することができるのでアルミ缶のリサイクルはとても有効であると言えます。

 

アルミ缶のリサイクルは各家庭や町中のゴミ箱からアルミ缶を回収することから始まります。

 

改修されたアルミ缶はリサイクルセンターに運ばれ、プレス処理されることで次の段階へと運搬しやすいように加工されるのです。

 

四角い大きな塊に加工されたアルミ缶は製鉄メーカーに運ばれ、約660℃に熱されて一度溶かされます。

 

溶かされたアルミは再度固められ、地金として生まれ変わりその地金を薄く延ばして板にするのです。

 

これは、再度アルミ缶として作り直しやすくするためですね。

 

こうして回収されたアルミ缶は新しいアルミ缶へとリサイクルされているのです。

 

スチール缶

 

今ではあまり見なくなってしまったスチール缶もしっかりとリサイクルはされています。

 

基本的にはアルミ缶と同じ流れですが、鉄はアルミよりも高い温度でなければ溶けません。

 

ですから、製鉄メーカーなどではスチール缶の溶解には約1600℃もの高熱にする工程があるのです。

 

ココがアルミ缶と大きく違う点ですね。

 

その後は同じように固められてから薄く延ばし、再度スチール缶として加工されます。

 

スチール缶のリサイクルは再度スチール缶に生まれ変わらせる方法と、自動車・船舶・電車などにも再利用されています。

 

鉄ですから様々なリサイクル先があるわけですね。

 

このように空き缶もしっかりとリサイクルされており、様々なものに生まれ変わって私たちの生活を支えてくれていると言って良いでしょう。

 

今回は空き缶のリサイクルについてお話させていただきました。

 

それでは続きまして、弊社で最近施工させていただきました事例をご紹介させていただきます。

排水桝

真鶴町で排水桝の取替えをしました。

真鶴町の一戸建てで、コンクリート桝にヒビが出来て、そこにトイレットペーパーが詰まり、トイレが流れなくなったのでコンクリート桝を取り替えたいとのことでした。

そこで、コンクリート桝から塩ビ桝へと新しく取り替えました。

 

【排水桝の取替え方法】

既存のコンクリート桝から塩ビ桝へと取り替える方法ですが、まず、地面の土をスコップで掘ります。

コンクリート桝とそれに接続されている管が露出するまで掘る必要があります。

また、地面がコンクリートの場合はハツリ機を用いて、コンクリートを割ります。

排水桝と排水管が露出したら、排水管を切断し、コンクリート桝をハツリ機とスコップで砕いて撤去します。

既存の排水桝と排水管の撤去が出来たら、新しい塩ビ桝を設置し、新しい排水管を既存の排水管に接続します。

排水管は塩ビ管なので、専用の糊で接着することが出来ます。

新しい排水桝の施工が終わったら、水を流してみて、水漏れや詰まりが無ければOKです。

最後に土を埋め戻して踏み固めて作業は完了です。

 

【塩ビ桝のメリット】

コンクリート桝は経年劣化でヒビ割れしてきます。

ヒビに固形物が詰まったり、ヒビから水漏れして地面の土を押し流して空洞にしてしまいます。

また、コンクリートは重いので自重で沈んでいき、排水管が逆勾配になってしまうこともあります。

塩ビ桝は軽いので沈みにくく、排水管も塩ビ管なので、桝と管を接着すると隙間が無くなり、水漏れなどもしなくなります。

現在はコンクリート桝から塩ビ桝にするのが主流です。

 

現場を見て対応方法をご提案致します。

 

 

【弊社作業内容】
一戸建て、分譲マンション、賃貸アパート、店舗において、トイレ、キッチン、台所、厨房、浴室、洗面所、洗濯などの水道トラブルで、蛇口や水道管及び下水管の水漏れ、詰まりに対する修理、補修、交換、除去、解消などを行います。

【その他の作業】
階下漏水や散水栓及び水栓柱の交換、移設(コンクリートでも対応可)、製氷機の設置、トイレの交換、蛇口交換、洗面化粧台交換なども対応可能です。

熟練スタッフが問題箇所を素早く的確に見つけ、解決方法をお客様にお伝えし、工事や修理作業をスピーディーに対応致します。

【お見積り】
ご相談・お見積りは無料で行います。ご希望金額に沿えるように致します。

【営業時間】
年中無休の9~23時で営業しておりますので、お気軽にご連絡ください(場合によっては夜間対応も行います)。
予定が空いていれば即日対応致します。

【資格】
給水装置工事主任技術者の資格を有しています。

水道局指定工事店です。

【神奈川県内全域対応】

横浜市、川崎市、相模原市の政令指定都市を中心に、
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、秦野市、
厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町を対応致します。

日程に余裕があれば静岡県東部や東京都内も対応致します。現場を見て対応方法をご提案致します。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお気軽にお問合せ下さい。

 

排水口・排水管トラブルの料金など詳しくはコチラ!


 
お問い合わせ