2020.08.08横浜市

横浜市青葉区で洗面台の蛇口を取り替えました

こんにちは。神奈川水道です。

 

皆さんのご自宅には「ブロック塀」はありますか?

 

自分の家の敷地と隣の家や土地との境界に建てることが多く、日本はもちろんのこと海外でもたくさん設置していますよね。

 

このブロック塀が地震によって倒れ、怪我をしたというニュースは近年それほど珍しくもなく頑丈そうに見えて意外と危険なものでは?と感じた方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、本来正規の工法で作られたブロック塀はかなりの強度がありますので、倒壊したものは経年劣化か手抜き工事の可能性も否定できません。

 

そこで今回は、ブロック塀の基本的な知識についてお話させていただきたいと思います!

ブロック塀とは

 

正確な名称は「補強コンクリートブロック造の塀」となっており、建築基準法によって厳しく条件が定められています。

 

1981年には高さが3メートルから2.2mに引き下げられ、高さが2メートルを超えるものに関しては15㎝以上の厚さが必要となります。

 

また、2m以下のものに関しても厚さは10㎝以上と決まっているようですね。

 

これまでに起きた事故を教訓に、このような規定が定められていることはあまり知られていませんよね。

 

また、「鉄筋」に関しても1978年に起きた宮城県沖地震の被害を教訓として、厳しい条件が変更されておりJIS規格を満たす鉄筋を縦横のどちらにも入れなければいけなくなったのです。

 

ブロック塀が倒れたニュース映像を見ると、多くが横方向に鉄筋が入っていないことが分かるかと思います。

 

鉄筋は人間で言えば骨に当たる重要な部分ですから、骨がなければ人間も衝撃に弱くなるどころか立っている事さえ困難になりますよね。

 

ブロック塀の施工手順

 

ブロック塀は左官屋さんに依頼して作るのが一番なのですが、DIYが好きな人は自分で作っている人も少なくありません。

 

ただ、もし何かあった場合は自分の責任が大きくなってしまいますからその部分に関しては理解しておかなくてはいけませんよね。

 

ブロック塀を施工する際は、まず基礎が大切になってきます。

 

地面を150mmほど掘り、そこに砕石を敷き詰め転圧して固めていきます。

 

この時の幅は自分が積み上げるブロックの幅よりも10センチくらい大きくしておかなければ仕上がりや安全性に問題が出てきますので注意してくださいね。

 

その後に型枠を設置しモルタルを流し込みます。

 

先程10センチの余裕を設けたのはこの型枠を設置する為ですね。

 

このモルタルが基礎になりますので水平を意識して施工するようにし、基準となる縦方向の鉄筋を等間隔で入れます。

 

あとは基礎にモルタルを使いながらブロックを積み上げていきますが、この時忘れていけないのが鉄筋ですね。

 

横は2段ごと、縦は80㎝ごとに鉄筋を入れなくてはいけません。

 

これを繰り返していけばブロック塀を積み上げていくことが出来ます。

 

しかし、やはり素人とプロでは仕事が違います。

 

仕上がり・安全面どちらを考えてもプロの左官屋さんに依頼することをオススメ致します!

 

それでは続きまして、弊社で最近施工させていただきました事例をご紹介させていただきます。

洗面蛇口

横浜市青葉区で洗面台の蛇口を取り替えました。

横浜市青葉区の一戸建てで、洗面蛇口の水漏れでした。

シャワーホースが切れて、洗面化粧台の下から水漏れしていました。

20年以上経っている蛇口で、蛇口交換をご依頼されました。

蛇口は台付き2ホールでしたので、LIXIL製SF-800SUを新たに取り付けました。

 

【SF-800SUの取付け方法】

まず、最初に洗面台の下にある左右2つの止水栓を閉めるか、水道メーターを止めて、既存蛇口を外しても水が出てこないようにします。

そして、既存蛇口を外します。

左右の止水栓に蛇口の給水ホースと給湯ホースが繋がっているので、この接続をはずします。

次に、2ホールの蛇口裏に固定ナットで蛇口を固定しているので、立てカランという専用工具で、この六角ナットを反時計回りに回してナットを外します。

そうすると、蛇口を上に持ち上げて既存蛇口の撤去が出来ます。

既存蛇口の撤去が出来たらSF-800SUを取り付けます。

2ホールにSF-800SUを設置し、洗面裏から六角ナットを締めて蛇口を固定します。

そして、止水栓に蛇口の給水ホースと給湯ホースを繋いで施工完了です。

最後に止水栓を開けて水を流してみて、漏水が無かったらOKです。

 

 

【弊社作業内容】
一戸建て、分譲マンション、賃貸アパート、店舗において、トイレ、キッチン、台所、厨房、浴室、洗面所、洗濯などの水道トラブルで、蛇口や水道管及び下水管の水漏れ、詰まりに対する修理、補修、交換、除去、解消などを行います。

【その他の作業】
階下漏水や散水栓及び水栓柱の交換、移設(コンクリートでも対応可)、製氷機の設置、トイレの交換、蛇口交換、洗面化粧台交換なども対応可能です。

熟練スタッフが問題箇所を素早く的確に見つけ、解決方法をお客様にお伝えし、工事や修理作業をスピーディーに対応致します。

【お見積り】
ご相談・お見積りは無料で行います。ご希望金額に沿えるように致します。

【営業時間】
年中無休の9~23時で営業しておりますので、お気軽にご連絡ください(場合によっては夜間対応も行います)。
予定が空いていれば即日対応致します。

【資格】
給水装置工事主任技術者の資格を有しています。

水道局指定工事店です。

【神奈川県内全域対応】

横浜市、川崎市、相模原市の政令指定都市を中心に、
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、秦野市、
厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町を対応致します。

日程に余裕があれば静岡県東部や東京都内も対応致します。現場を見て対応方法をご提案致します。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお気軽にお問合せ下さい。

 

洗面所トラブルの料金などについて詳しくはコチラ!


 
お問い合わせ