2020.06.10開成町

開成町でトイレの水漏れを修理しました

トイレ

開成町でトイレの水漏れを修理しました。

開成町の一戸建てで、トイレの便器から水がいつまでもチョロチョロと流れているので見てほしいというご依頼でした。

トイレタンクの蓋を開けて確認したところ、ゴムフロートとボールタップの劣化が見られたので、説明し、この部品2点を交換したところ、水漏れは止まりました。

 

【ゴムフロート】

トイレタンクの底にある黒いゴムで、レバーを回すとカパッと開いて水が流れるようになっています。

劣化するとすり減って水が漏れてしまいます。

手でゴムを触ると黒く付くようだと交換した方がよいです。

 

【ボールタップ】

浮き球が付いている部品です。

浮き球が下向きで給水が始まり、水がタンク内に入っていって、水位が上がって浮き球に水が当たり、浮き球が上向きになると給水が止まります。

浮き球が付いている支持棒が劣化すると上下以外にも左右にも曲がったりして浮き球がタンクの壁に当たり、給水が上手く出来なくなります。

弊社ではサンエイ製のV56-5X-13に交換致します。

 

現場を見て対応方法をご提案致します。

 

 





神奈川水道コラム~雑談と世間話~


 

新型コロナウイルスが猛威を振るい始めて、「今年はインフルエンザワクチンを打った方がコロナにも良い」という話もありますが、テレビやネットで騒がれているのは、毎日の感染者数とどれだけコロナが怖いかで、とにかく人々の恐怖をあおってくる。

確かに、実際に罹患して重篤になった方もいらっしゃるのだから、心配するのが当前ですが、インフルエンザの話が出て、”そういえば、ウイルスは同じだけれど、何が違うのだろう?”と疑問が湧いてきました。

予防方法は「手洗い・うがい・マスク・消毒」と、インフルエンザと同じで良いそうですが(新聞より)

 

インフルエンザ(influenza)は、インフルエンザウイルスを病原とする気道感染症であるが、「一般のかぜ症候群」とは分けて考えるべき「重くなりやすい疾患」である。

流行が周期的に現われてくるところから、16世紀のイタリアの占星家たちはこれを星や寒気の影響(influence)によるものと考え、これがインフルエンザの語源であると言われている。

インフルエンザは、いまだ人類に残されている最大級の疫病である。(引用:国立感染症研究所

 

そう言われると、10月から予防接種をして、流行は年末年始の限られた時期の感染症です。

似ていて異なるコロナとインフルを考えます。

**************************************************************

新型コロナとインフルはウイルスが似ている!?

新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスは、大きさも形も非常によく似ています。

いずれも直径約100nmの球状で、カプシドというタンパク質の殻の中にゲノム(遺伝物質)が入った、ウイルスでは一般的な作りになっています。

ウイルスには、カプシドがエンベロープと呼ばれる脂質膜で覆われたものと、そうでないものがありますが、新型コロナとインフルはいずれもエンベロープを持つウイルスです。

このエンベロープは、アルコールや石鹸に弱いという特徴があります。

また、両ウイルスとも、表面にタンパク質がとげのようについています。

ウイルスが人体に感染する際、このタンパク質が人体の細胞にある受容体と結合します。

新型コロナとインフルは表面についているタンパク質の種類が違うので、対応する受容体も異なります。

新型コロナに対して働く受容体はACE2(angiotensin-converting enzyme 2)といいます。

ACE2は肺、腸、腎臓、眼、脳など多数の臓器の細胞に存在しています。

このため、新型コロナによって障害を受ける臓器も多岐にわたると考えられています。

 

感染力と症状は、どう違うの?

まず、重症度の違いです。

現状の感染者数はインフルのほうが多いものの、致死率と症状の持続期間を見ると、症状の重さは新型コロナが上回ることが分かります。

両者の感染力は大差ないことが分かっているほか、国内ではまだ新型コロナのワクチンがないため、今後新型コロナの感染者数がインフルを上回る可能性があります。

次に、新型コロナの大きな特徴として、無症状率の高さが挙げられます。

新型コロナは潜伏期間が長く、一部は無症状のまま治癒しますが、無症状の時期にも強い感染力があります。

症状が出てから感染のピークを迎えるインフルとは違い、新型コロナは、症状のない状態でも、既に多くの人にうつしている可能性が高いのです。

息切れや嗅覚・味覚障害は新型コロナの特徴的な症状ですが、必ずしもあらわれるとは限りません。

インフルは関節痛や鼻水がひどくなることが多いですが、新型コロナにおいてもこれらの症状があらわれないとは限らないため、症状のみから判断することは危険です。(引用:正しく知る新型コロナ

 

**************************************************************

上記のように、見た目や多少の症状の違いは、素人には判断が難しいので、検査をしてみない事には一体どちらなのか分からないようです。

今回は、時事問題を取り上げましたが、その中でも「感染症」について、水道工事との関連性を見付けました。

水道設備業者とは、主に水回りの故障や不備を直したり、新しい設備を取り付けたりする仕事です。

その中でも多いのが、インフルエンザと同時期にご依頼が多い、排水管の清掃作業です。

時には、汚水桝に直接触れる機会もありますが、汚水にはたくさんの病原菌が混ざっています。

これが、屋外の汚水桝の中で起こっている事なら、我々プロは防護するすべを知っていますので、安全に作業が出来ます。

 

しかし、屋外ではなく室内から、その汚水が溢れてしまったら気を付けて欲しい事があります。

掃除をしなければと必死に水を拭き、業者を呼んでいる間も慌ててしまうのは仕方がありませんが、感染症にならないように、ある程度掃除をしたら、しっかり手を石鹸で洗い、空気の入れ替えをして下さい。

そして、濡れた敷物などは、早めに洗濯した方が良いと思います。

時には空気感染してしまうノロウイルスが空間に漂ってしまっているかもしれません。

マスクをしても、感染力の強いノロウイルスに掛かってしまうかもしれませんが、手を洗う事でご自分から他者へ移すリスクを少しは減らせます。

 

ちょっとした排水詰まりでも、小さいものが固まって突然ピタッと詰まってしまう事もありますので、少しでも気になったら、ご相談してください。

現地でのお見積りは無料ですので、お気軽にご連絡ください。

 





●神奈川水道(水道局指定工事店)~弊社について~

 

【弊社作業内容】
一戸建て・マンション・店舗においてキッチン(台所、厨房)、トイレ、浴室、洗面所、洗濯等の水道トラブルを熟練のスタッフが丁寧に修理しますので安心してお任せください。
配管の水漏れを修理をしたい、配管の引き直しをしたい、下水つまりの解消、下水管を修理したい等のご要望も、高い技術で信頼と実績がございます。

【その他の作業】
階下漏水や屋外の水栓柱・散水栓の水漏れ(土、コンクリート)、蛇口の修理・交換、トイレの修理・交換、洗面化粧台交換、製氷機の設置等にもスピーディーに対応します。

【お見積り】
ご相談・お見積りは無料で、お気軽にご相談下さい。
出来るだけご希望金額に沿えるように致します。

【営業時間】
年中無休で9~23時まで営業しておりますので、電話またはお問い合わせメールより、お気軽にご連絡ください。(場合によっては夜間対応も実施します)
現場をみて無料でお見積り致します。予定が空いていれば即日対応致します。

【資格】
給水装置工事主任技術者の資格を有しています。

水道局指定工事店です。

・対応地域
神奈川県全域を対応致します。

【政令都市】横浜市、川崎市、相模原市

【横須賀三浦地域】横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町

【県央地域】厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村

【湘南地域】平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町

【県西地域】小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

日程の都合がつけば、静岡県東部や東京都内も対応しますのでお気軽にお問合せ下さい。

現場を見て最適な方法をご提案いたします。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお問合せ下さい。


 

トイレのトラブル料金など詳しくはコチラ!


 
お問い合わせ