2020.01.06ブログ

神奈川県箱根町でトイレ交換を行いました

トイレ

神奈川県箱根町でトイレ交換を行いました。

箱根町の一戸建てでトイレからの水漏れでご依頼がありました。

現場を確認すると、洋式トイレで便器内から水がチョロチョロが流れていたのと、タンクの下からも水が滲んでいました。

便器内から水がチョロチョロ流れている場合、フロートゴムとボールタップの交換、タンクの下から水が出ている場合は密結パッキンを交換すれば直ります。

ただ、30年以上経ったトイレのようで、点検すると各所のゴムパッキンやプラスチック部品が劣化していました。

また、タンク内の結露を防ぐ防露層が剥がれていました。

よって、トイレ自体の交換をご提案致しました。

お客様も交換を考えていたようで、すぐにお願いしますということでした。

便座は、普通便座が付いていましたがウォシュレットを使いたいとのことでした。

排水は床排水でなく、壁排水でした。

よって、TOTO製のピュアレストをご提案致しました。

 

【トイレの交換方法】

まず、トイレを外す前に水道メーターを止めます。

最初はタンクを外します。

タンク下に左右にビスがあるので、ナットを回してタンクを外します。

床に止水栓があるので、タンクのホースを外します。

次に便器を外します。

便器は床にビスで固定されているのでナットを回してビスを取ります。

壁の排水管に便器が挿さっているので、上に持ち上げながら手前に引くと便器が外れます。

次に新規のトイレを取り付けます。

まず、便器を排水管に挿して、床にビスで固定します。

高さが微妙に合わないときなどはアキレスというアジャスターを使うこともあります。

事前に排水管の高さを測っておいて、トイレの品番を決める必要が有ります。

次に、タンクを便器の上に置いて左右のビス2本で固定します。

次に便器にベースプレートを設置します。

そこに滑らせるようにウォシュレットを設置します。

止水栓に分岐栓を接続して、ウォシュレットとタンクのホースを分岐栓に繋げます。

ウォシュレットを使う場合は電気コンセントが必要なので、付いているかは事前確認が必要です。

トイレの設置が完了したら、通水して見ます。

水漏れが無ければ作業は完了です。

 

 

一戸建て、分譲マンション、賃貸アパート、店舗において、トイレ、キッチン、台所、厨房、浴室、洗面所、洗濯などの水道トラブルで
蛇口や給水配管、給湯配管、下水管の水漏れ、詰まりに対する修理、補修、交換、除去、解消を行います。

階下漏水や散水栓、水栓柱の交換、リフォームなども対応可能です。

熟練したスタッフが問題箇所、問題点を素早く的確に見つけ、解決方法をお客様にお伝えし、工事や修理作業をスピーディーに対応致します。

ご相談・お見積りは無料です。ご希望金額に添えるように致します。

年中無休9~23時で営業しておりますので、お気軽にご連絡ください(場合によっては夜間対応も行います)。

【神奈川県内全域対応】

横浜市、川崎市、相模原市の政令指定都市を中心に、
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、秦野市、
厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町も対応致します。

静岡県東部、東京都内も対応可能です。

お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ