2019.07.01ブログ

逆流防止性能基準と負圧破壊性能基準

【逆流防止性能基準】

給水装置からの汚水の逆流で、水道水の汚染や公衆衛生上の問題が発生することを防止するものです。

①逆流防止の性能がある給水用具は水の逆流を防止できる位置に配置されていることです

・減圧式逆流防止器は、厚生労働大臣が定める逆流防止に関する試験で3kPa及び1.5MPaの静水圧を1分間加えた時に、水漏れ、変形、破損その他の異常がないこと。

・厚生労働大臣が定める負圧破壊に関する試験により流入側から-54kPaの圧力を加えた時、減圧式逆流防止器接続の透明管内の水位上昇が3mmを超えないこと。

・逆止弁や逆流防止装置を組み込んだ給水用具は、逆流防止性能試験により、3kPa及び1.5MPaの静水圧を1分間加えたとき、水漏れ、変形、破損その他の異常が発生しないこと

・バキュームブレーカーは負圧破壊性能試験で流入側から-54kPaの圧力を加え、バキュームブレーカー接続の透明管内の水位上昇が75mmを超えないこと

②逆流防止性能基準の適用対象

・逆流防止性能基準の適用対象は、逆止弁、減圧式逆流防止器、逆流防止装置を内蔵した給水用具です。

・構造、材質基準で水が逆流する可能性のある場所では、逆流防止性能基準に適合する給水用具の設置、負圧破壊性能基準に適合する給水用具の設置、規定の吐水口空間の確保のどれかを1つ確実に行うことを要求しているもので、この要求を満たしていれば本基準の試験を行っていない逆止弁の設置を行っても良いです。

【負圧破壊性能基準】

・負圧破壊装置組み込みの給水用具は、負圧破壊性能試験で流入側から-54kPaの圧力を加えた時、給水用具接続の透明管内の水位上昇が、バキュームブレーカー組み込みの給水用具の、逆流防止機能が働く位置から水受け部の水面までの垂直距離の1/2とします。

・バキュームブレーカー以外の負圧破壊装置組み込みの給水用具は、吸気口に接続している管と流入管接続部分の最下端か吸気口の最下端のうち、どちらか低い点から水面までの垂直距離の1/2を超えないことです

・水受け部と吐水口一体の構造となっていて、水受け部の越流面と吐水口間の分離により、水の逆流を防止する給水用具(吐水口一体型給水用具)は、負圧破壊性能試験で流入側から-54kPaの圧力を加えた時、吐水口から水を引き込まないようにします。

 
お問い合わせ