2019.06.18ブログ

浸出性能基準と水撃限界性能基準

【浸出性能基準】

給水装置から金属が浸出し、飲用にしようされる水が汚染されることを防ぐ為のものです。

飲用に供する水を供給する給水装置は、厚生労働大臣が定める浸出に関する試験(浸出性能試験)により供試品について浸出させたとき、その基準に適合しなければなりません。

浸出性能基準はNSF(米国衛生財団)の規格に準拠し、水道水質、給水装置の使用実態、試験などを考慮して修正を加えたものです。

適用対象は通常の使用時に飲用水が接触する給水管と給水用具に限定されるもので、給水管、末端給水用具以外の給水用具、飲料水用の末端給水用具が対象となります。

内部に吐水口空間がある給水用具は、吐水口以降の部分も含めた給水用具全体を一体として評価するが、自動販売機や製氷機は水道水として飲用されることがなく、吐水口以降は、食品衛生法に基づく規制も行われているので、給水管との接続口から給水用具の水受け部への吐水口までの間の部分について評価を行います。また、安全弁(逃し弁)、水抜き栓などの内部で、給水装置以外に排水される水のみが接触する部分は浸出性能の評価から除外してもよいです。

【水撃限界性能基準】

給水用具の止水機構が急閉止するときに起きる水撃作用(ウォーターハンマー)により、給水装置に破壊が起きるのを防ぐためのものです。

水撃作用が発生する可能性のある給水用具は、給水用具内の流速を2m/s又は給水用具内の動水圧を0.15MPaとする条件で、給水用具の止水機構を急閉止したとき、水撃作用で上昇する圧力が1.5MPa以下の性能とします。

適用対象は、水撃作用が発生する可能性のある給水用具で、水栓、ボールタップ、電磁弁、元止め式瞬間湯沸器です。

この基準は、水撃発生防止仕様の給水用具かどうかを判断する基準で、水撃作用を発生する可能性がある給水用具は、全てこの基準を満たしていなくてもよいです。

水撃作用を発生する可能性があって、この基準を満たしていない給水用具を設ける場合は、別途に水撃防止器具を設けるなどの措置を行います。

【ウォーターハンマーの発生防止】

給水管の水圧が高い時は減圧弁、定流量弁を設置し給水圧か流速を下げます。

ウォーターハンマーが発生しそうな箇所には、その手前の近くに水撃防止機器を設けます。

ボールタップの使用は、ウォーターハンマーの発生がしにくい複式、親子2球式、定水位弁など給水方式に合ったものを選定します。

受水槽や貯水槽にボールタップを使用する場合は必要に応じて波立ち防止板を取り付けます。

 

 

一戸建て、分譲マンション、賃貸アパート、店舗において、トイレ、キッチン、台所、厨房、浴室、洗面所、洗濯などの水道トラブルで
蛇口や配管、下水管の水漏れ、詰まりに対する修理、補修、交換、除去、解消を行います。

階下漏水や散水栓、水栓柱の交換、リフォームなども対応可能です。

熟練したスタッフが問題箇所、問題点を素早く的確に見つけ、解決方法をお客様にお伝えし、工事や修理作業をスピーディーに対応致します。

ご相談・お見積りは無料です。ご希望金額に添えるように致します。

年中無休で営業しておりますので、お気軽にご連絡ください(場合によっては夜間対応も行います)。

【神奈川県内全域対応】

横浜市、川崎市、相模原市の政令指定都市を中心に、
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、秦野市、
厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町も対応致します。

静岡県東部、東京都内も対応可能。

お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ