2019.06.01ブログ

防食工とクロスコネクション防止

防食工

【電食防止措置】

電気的絶縁物により管を被覆する方法は、ポリウレタンなどのプラスチックで外面を被覆し、漏洩電流の流出入を防止します。絶縁接続法は管路に電気的絶縁継手を挿入し、管の電気抵抗を大きくし、漏洩電流を減少させます。

【管内面の防食工】

鋳鉄管からサドル付き分水栓などによって穿孔、分岐した通水口には防食コアを挿入します。鋳鉄管の切管には、切り口面にダクタイル管補修用塗料を塗布します。鋼管のネジ継手には管端防食継手を使用します。

【管外面の防食工】

ポリエチレンスリーブによる方法は、管外面をポリエチレンスリーブで被覆し、粘着テープで密着、固定します。管継手部の凸凹にスリーブがなじむように充分にたるみを持たせ、埋戻し時に継手の形状に無理なく密着するように施工します。

防食テープ巻きによる方法は管外面を掃除し、継手部との段差をマスチック(下地処理)で埋め、プライマを塗布します。その後に管外面を防食テープで巻きます。

防食塗料の塗布による方法は管外面を掃除し、継手部との段差をマスチックで埋め、プライマを塗布し、防食塗料を2回塗ります

外面被覆管を使用する方法は硬質塩化ビニルライニング鋼管、ポリエチレン粉体ライニング鋼管などの金属管の外面を被覆した管を用います。

【その他の防食工】

サドル付き分水栓などの給水用具の外面防食はポリエチレンシートを使用してサドル付き分水栓全体を覆うように包み込み、粘着テープで密着、固定し、土壌との接触を断って浸食防止を図ります。

異種金属管との接続には、異種金属管用絶縁継手を使用し、浸食防止します。

構造物を金属管が貫通する場合は、金属管と構造物が接触する可能性があるので、ポリエチレンスリーブ、防食テープを使用し、管が直接構造物(コンクリート、鉄筋)に接触しないように施工します。

 

【クロスコネクション防止】

クロスコネクションとは、該当の給水装置以外の水管、その他の設備に直接連結することです。

クロスコネクションは水圧状況にとって給水装置に工業用水、排水、化学薬品、ガスなどが逆流し、配水管を経由し他の使用者まで汚染が拡大する非常に危険な配管なので絶対にさけなければいけません。

次のような場合は、該当の給水装置以外の水管とを仕切弁、逆流防止装置(逆止弁)を介して接続してもクロスコネクションとなります。

・給水装置、井戸水、工業用水、再用水の配管を接続すること

・給水装置と冷温水補給水管、冷却水補給水管を接続すること

・給水装置と受水槽以下の配管を接続すること

・湯水混合水栓に給水装置と温泉水を接続すること

工業用水、再生利用水、受水槽以下の管を給水装置と近接して配管する場合は、誤接合を防止する為、管の外面に用途が識別できる表示をします。

 
お問い合わせ