2019.05.24ブログ

侵食の防止

【侵食防止の基準】

酸、アルカリで侵食される場所に設置されている給水装置は酸、アルカリに耐食性がある材質、防食材で被覆します。漏洩電流で侵食される場所に設置されている給水装置は非金属製の材質、または絶縁材で被覆します。

【侵食の種類】

侵食(腐食)は金属が環境により化学的に侵食される現象です。侵食の形態は全面侵食と局部侵食があるが、局部侵食の方が漏水の発生が早いです。侵食には電気侵食(電食)と自然侵食があります。

・電気侵食

電気侵食には、漏洩電流による浸食と干渉による浸食があります。漏洩電流による浸食は金属管が鉄道、変電所などに近接して埋設されている場合に漏洩電流によって受ける侵食です。電流が金属管から流出する部分に起きます。

干渉による浸食は埋設金属体に外部電源装置、排流器によって電気防食をしたときに、近接する他の埋設金属体に防食電流が流入し、流出する所に侵食が発生する侵食を言います。

・自然侵食

自然侵食にはマクロセル侵食とミクロセル侵食があります。マクロセル侵食は、埋設されている金属管の材質、土壌、乾湿、通気性、pH値、溶解成分の違い等の異種環境での電池作用による浸食を言います。

マクロセル侵食は異種金属接触侵食、コンクリート/土壌系侵食、通気差侵食があります。

異種金属接触侵食は埋設された金属管が異なった金属の管や継手、ボルトなどと接続されたときに発生する侵食です。コンクリート/土壌系侵食は、地中に埋設されている鋼管がアルカリ性のコンクリートと接触している時、埋設されている鋼管部分が陽極となり侵食が起こる現象です。通気差侵食は空気の通気性の良い土壌と悪い土壌に跨っている配管に起こる侵食です。電位の低い方が侵食します。ミクロセル侵食は腐食性の高い土壌、バクテリアによって起こる侵食です。

・イオン化傾向の大きな金属(自然電位が低い)とイオン化傾向の小さい金属(自然電位が高い)が接続されていると、電池が形成されて自然電位の低い金属が陽極となり侵食されます。

・イオン化傾向の大きな金属を卑な金属、イオン化傾向の小さな金属を貴な金属と言います。

・鉄とステンレス鋼では鉄が卑の金属となり侵食します。鋼(鉄)と黄銅では鋼が卑な金属となり侵食します。

異なった二つの金属の電位差が大きいほど、自然電位の低い金属に比べ、自然電位の高い金属の表面積が大きい程、侵食が促進されます。

 
お問い合わせ