2019.05.22ブログ

小田原市でディスポーザーから排水栓への交換を行いました

小田原市の分譲マンションでディスポーザーから排水栓への交を行いました。

ディスポーザー 排水栓

ディスポーザーが割れていて、水道の蛇口を流すと水漏れを起こす状態でしたので、排水栓に交換のご依頼でした。

【ディスポーザーの取外し】

まず、ディスポーザーが動き出したら危ないので電気のコンセントを抜きます。アースも取外します。

次に、ディスポーザーと排水管を外します。排水管にトラップの形で付いているのでナットを緩めて取り外します。トラップ部分を外す時は水が溜まっているのでバケツを置いて受けます。

次に、シンクのすぐ下にあるディスポーザーとの接続部分に位置するマウントリングとよばれる部材をゆるめてディスポーザーをシンクから取り外します。

【流し排水栓】

排水栓をセットして、締付リングを時計回りに締めて排水栓をシンクに固定させます。排水栓を付ける前にシンクの溝の汚れなどをよく拭きます。ここに固形物があるとパッキンが完全に締まらず、水漏れの原因となります。排水栓が固定出来たら、ナット付きジャバラホースを排水栓に付けて、排水管に挿しこみました。その時に排水管には防臭キャップを付けています。ジャバラホースは長すぎるので適当な長さに切って挿し込みました。

今回の排水栓はサンエイ製のH6551という排水が横向きに出るタイプを付けました。当初はH650Aという排水が真下に出るタイプを付けたのですが、排水管の位置との兼ね合いによりH6551が適していたので付け替えました。H6551は排水栓の径が180mm、高さが201mmで、径50㎜のナット付きジャバラホースが取り付けられます。

【漏水確認】

排水栓取付けが完了したので、蛇口から水を流してみました。5分程度流しっぱなしにしましたが漏水は見られませんでしたので作業完了です。

【配管洗浄】

排水管がかなり油脂が付いていました。分譲マンションですが10年ぐらい高圧洗浄をしていないようです。不動産に聞いてみるとのことでした。我々も高圧洗浄が出来ることはお伝えしておきました。
お問い合わせ