2019.05.21ブログ

給水装置の凍結防止対策

【凍結防止】

寒冷地の給水装置には凍結防止対策を取ります。屋外配管は土中に埋設し、凍結深度(地中温度が0℃になるまでの地表からの深さ)よりも深く埋設します。

凍結の可能性がある屋内配管は、管内の水を簡単に排出できる位置に水抜き用の給水用具を設置します。凍結の可能性がある給水装置には、保温材で適切な防寒措置を講じる必要があります。

【水抜き用給水用具】

水抜き用の給水用具には内部貯留式不凍給水栓、外部排水式不凍給水栓、水抜栓、水抜きバルブがあります。

内部貯留式不凍給水栓は、水抜き時に揚水管内の水を凍結深度よりも低い位置にある貯留部に流下させて凍結を防止します。水圧が0.1MPa以下の場合は水が溢れ出たり、凍結したりすることがあります。

外部排水式不凍給水栓は、水抜き時に外套管内の水を凍結深度より低い地中に排水するものです。逆止弁を取り付けて、排水口に砂利などを施して排出水が浸透しやすい構造とします。

水抜き栓は、外部排水式不凍給水栓と同じ構造を持っていますが、外套管は揚水管を兼用していません。凍結しても解氷や修理が容易です。積雪の多い地域では屋内設置式水抜き栓を用います。

水抜きバルブは、地下室で水抜き栓を設置できない場合に取り付けるもので、排水は器具本体の排水口に配管を接続して、浸透桝に放流します。

【水抜き用給水用具の設置】

水道メーター下流側で屋内立上り管の間に設置します。汚水桝に直接接続しないで間接排水とします。排水口は凍結深度より深くします。排水口付近には水抜き用浸透桝を設置するか、排水口付近を切込砂利で埋め戻します。水抜き用の給水用具以降の配管は鳥居配管やU字形の配管を出来るだけ避け、水抜き栓から先上がりの配管とします。

水抜き用の給水用具下流側の先上がり配管・埋設配管は、1/300以上の勾配とし、露出の横走り配管は1/100以上の勾配とします。配管が長い場合は、取外し可能なユニオン、フランジを適切な箇所に設置します。水抜きバルブは屋内かピット内に露出で設置します。

【防寒対策】

配管に保温材を被覆する場合は施工箇所に適した方法で行います。機械室、倉庫、書庫の露出配管の施工順序は、配管→ポリスチレンフォーム保温筒→粘着テープ→原紙→アルミガラスクロスの順序で行います。水道メーターますには、耐寒性の水道ます又はますの内外を保温材で被覆します。

凍結した給水管の解氷は、温水による解氷、蒸気による解氷、電気による解氷があります。しかし、電気による解氷は凍結した給水管に直接電流を流す為、漏電や火災事故の原因となるので避けた方がよいです。
お問い合わせ