2019.05.17ブログ

給水装置へ設置するスプリンクラー

【消防法の適用を受けない住宅用スプリンクラ―】

住宅用スプリンクラーは停滞水が生じないように末端給水栓までの配管途中に設置します。使用者に対しては、この設備は断水時に使用できないことと、取扱い方法について説明する必要があります。

【消防法の適用を受けるスプリンクラー】

水道直結式スプリンクラー設備は水道法の適用を受けます。水道直結式スプリンクラー設備の工事および整備は、消防法の適用により消防設備士が責任を負うので、指定給水装置工事事業者は消防設備士の指導の下で行います。

水道直結式スプリンクラー設備の設置は、分岐する配水管からスプリンクラーヘッドまでの水理計算、給水管及び給水用具の選定は消防設備士が行います。

水道直結式スプリンクラー設備の工事は、水道法に定める給水装置工事として指定給水装置工事事業者が施工します。

水道直結式スプリンクラー設備は、消防法令適合品の使用、給水装置の構造および材質の基準に適合した給水管、給水用具、設置される設備は給水装置の構造および材質の基準に適合していなければなりません。

災害その他正当な理由によって、一時的な断水や水圧低下によってスプリンクラー設備の性能が充分発揮されない状況が生じても、水道事業者に責任はありません。

【配管方法】

配管方法は湿式配管と乾式配管があり、消防設備士の指示によって行います。

湿式配管は、配管内が常時充水している配管方法です。停滞水の発生を防止するため、末端給水栓までの配管途中にスプリンクラーを設置します。乾式配管は、スプリンクラー配管への分岐部下流に電動弁を設けます。電動弁下流側は常時空気が充満し、火災発生の信号を受けると電動弁が開いてスプリンクラーヘッドから放水が行われます。給水管の分岐から電動弁までの間(停滞区間)の停滞水を出来るだけ少なくするため、給水管分岐部と電動弁の間を短くすることが望ましいです。

 

 

一戸建て、分譲マンション、賃貸アパート、店舗において、トイレ、キッチン、台所、厨房、浴室、洗面所、洗濯などの水道トラブルで
蛇口や配管、下水管の水漏れ、詰まりに対する修理、補修、交換、除去、解消を行います。

階下漏水や散水栓、水栓柱の交換、リフォームなども対応可能です。

熟練したスタッフが問題箇所、問題点を素早く的確に見つけ、解決方法をお客様にお伝えし、工事や修理作業をスピーディーに対応致します。

ご相談・お見積りは無料です。ご希望金額に添えるように致します。

年中無休で営業しておりますので、お気軽にご連絡ください(場合によっては夜間対応も行います)。

【神奈川県内全域対応】

横浜市、川崎市、相模原市の政令指定都市を中心に、
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、秦野市、
厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町も対応致します。

静岡県東部、東京都内も対応可能。

お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ