2019.05.15ブログ

宅地内と宅地外の給水管

【埋設深さ】

道路下の給水管の埋設深さは通常の場合は1.2m、工事上やむを得ない場合は0.6mを超えていることと規定されています。宅地内の場合は給水管の埋設深さは0.3m以上です。

浅層埋設の場合の適用対象となる管種および口径は鋼管、ダクタイル鋳鉄管、硬質ポリ塩化ビニル管は300mm以下、水道配水用ポリエチレン管は200mm以下です。

埋設深さは、車道部は舗装の厚さ(路面から下層路盤底面まで)に0.3mを加えた値以下としてはいけません。歩道では管路の頂部と路面との距離は0.5m以下にはしません。

道路を縦断して給水管を埋設する場合は、ガス管など他の埋設物への影響に注意し、道路管理者が許可した占用位置に配管する必要が有ります。

【給水管の明示】

道路部分に敷設する口径75mm以上の給水管には明示テープ、明示シートによって管を明示します。

・明示テープ

道路に埋設する明示テープの色は水道管は青色、工業用水管は白色、ガス管は緑色、下水道管は茶色、電話線は赤色、電力線はオレンジ色です。口径75mm以上の給水管の埋設管明示テープは青地に白い文字で、名称、管理者、設置年を西暦で明示します。口径400mm未満の場合は胴巻きを2m未満に1か所の間隔に設置します。管長4m以下の場合は胴巻きを1本当たり3か所に設置します。

・明示シート

掘削機械による水道管の毀損事故を防止するために、水道管の頂部と路面の間に明示シートを設置する場合があります。明示シートと管長との距離は、水道事業者の指示による位置にします。

・宅地内の明示

宅地部分に敷設する給水管の位置は、必要に応じて明示杭、明示鋲などで明示します。管路、止水用具は用地境界杭を基準としてオフセット図を作成しておきます。

【止水栓の設置】

配水管から分岐して最初に設置する止水栓の位置は原則、宅地内の道路境界線の近くにします。地形などの理由で宅地内に設置出来ない場合は道路部分に設置します。止水栓は、維持管理に支障がないようにメーターますは専用のボックス内に収納します。

【給水管の防護】
地盤沈下や振動などによって給水管が破損するおそれがある場合は、伸縮性、可撓性を有する管や継手を設けます。建物の柱や壁などに添わせて配管する場合は外力、自重、水圧による振動やたわみで損傷を受けやすいため、クリップ等のつかみ金具を使用して、管を1~2mの間隔で建物に固定します。構造物の基礎や壁を貫通させて給水管を設置する場合は、貫通部に配管スリーブを設け、スリーブとの間隙を弾性体で充填し、給水管の損傷を防止します。給水管が水路を横断する場合は、原則として水路の下に設置します。やむを得ず水路の上に設置する場合は高水位以上の高さに設置し、金属製のさや管による防護措置を施します。
お問い合わせ