2019.05.11ブログ

直結加圧形ポンプユニット

【ユニットの構成】

直結加圧形ポンプユニットは、配水管の圧力で給水できない中高層建物で、給水装置に設置して末端最高位の給水用具を使用する為に必要圧力まで増圧し、必要な吐水圧を確保する設備です。

直結加圧形ポンプユニットはポンプ、電動機、制御盤、バイパス管(逆止弁含む)、流水スイッチ、圧力発信機、圧力タンクを組み込んだユニット方式になっています。ポンプには渦巻きポンプ、多段遠心ポンプが用いられていて、電動機に直結しています。ポンプはポンプの故障や保守点検時の断水を避ける為に複数のポンプで構成され、特定のポンプだけか稼働することのないように自動的に切り替える交互運転になっています。制御盤は制御用マイコン、継電器類、インバータ、表示機を内蔵しています。

【ユニットの仕様】

①加圧ポンプの始動、停止による配水管内の圧力変動が小さく、ポンプの運転によって配水管内の圧力に脈動が生じないことです。

②吸込側の水圧が通常範囲より低下した場合は自動停止し直結給水が出来ること。水圧が回復した場合は自動復帰することです。

③配水管の水圧変化、使用水量に対応出来て、安定給水が出来ることです。

④使用水量が少ない場合は自動停止し、自動停止する場合の吐水量は10L/分程度です。

⑤吸込み側の水圧が異常上昇したときは自動停止し、バイパス管で直結給水できること

⑥逆流防止装置は吸込側に設置するが、吸込圧力を十分に確保できない場合は吐出側に設置してもよいです。

⑦圧力タンクは吐出側配管に設けられ、ポンプの起動時・停止時の圧力変動および定常運転時の圧力脈動を防止するためのものです。

【ユニット据え付け上の注意点】

逆流防止装置を設置する場合は信頼性の高い減圧式逆流防止器を設置し、配水管への逆流を防止します。直結加圧形ポンプユニットには電気設備が含まれているので設置時には設備に精通した者に施工させる必要があります。

 
お問い合わせ