2019.05.10ブログ

秦野市で便器の水漏れを対応しました

秦野市で便器の水漏れを対応しました。便器と床の間から水が漏れていたのですが、少量ではっきり漏れている箇所は不明でした。写真を見ると便器の後ろ側が黒くなっています。おそらく、便器に付いている黒い樹脂の部分が手で触ると黒くついたので、劣化してピンホールがあいて僅かに水漏れしたと考えられます。そこでトイレの交換をお客様に提案して了承を得たのでトイレを交換致しました。LIXIL(旧INAX)のトイレだったので、同メーカーのアメージュZに取り替えました。

便器 トイレのタンク ウォシュレット ソケット

【トイレ取り替え作業】

①屋外の水道メーターのバルブを時計回りに回して閉めます。

②ウォシュレットを取り外します。ウォシュレットの横のボタンを押しながら本体をスライドさせるとウォシュレットが取り外せます。止水栓に繋がっている分岐栓を、ナットをモンキーレンチで回して取り外します。

③タンクを取り外します。タンクの下に便器と繋がっているビスが2本付いているので、メガネレンチで反時計回りに回してビスを外します。それでタンクの固定が無くなるので、上に持ち上げて取り外します。

④便器を取り外します。便器には手前1本、奥に2本、化粧蓋付きビスが付いているので、プラスドライバーあるいは電動インパクトドライバーで反時計回りに回して外します。ビスを3本とも取ったら、便器の側面を両手で持って力を入れて持ち上げます。200芯ソケットのゴム部分に便器が密着して付いているので、固くて取れない時があります。その場合は左右に便器を振りながら徐々に持ち上げると便器が取れます

⑤200芯ソケットを取ります。200芯ソケットは便器のメーカー、品番によって異なるので新品に交換する必要があります。排水管に糊付けしているので、ソケットの下にノコギリを差し込み、床のツラで切断します。ソケットを取ると、排水管に糊付けしている塩ビ管があるので、糊付けされている塩ビ管の部分だけマイナスドライバーとノコギリで取り除きます。

⑥200芯ソケットを取り付けます。新しい200芯ソケットを取り付けます。排水管に持ち出しソケット(75mmか100mm)を糊付けし、持ち出しソケットに200芯ソケットを糊付けします。200芯ソケットも向きがあるので施工書記載通りに取り付けます。

⑦便器を取り付けます。200芯ソケットに便器を密着するように差し込み、ビスを3本取り付けます。手前のビスのところには固定片を床につける必要が有ります(固定片の位置施工書に記載あります)。

⑧タンクを取り付けます。タンクを真っすぐ置いてビス2本をタンク下から締めます。

⑨ウォシュレットを取り付けます。便器にベースプレートを設置します。便器の裏からビスを2本締めて、ウォシュレットをベースプレートに差し込みます。分岐栓を止水栓の上に取り付けます。

⑩屋外の止水栓のバルブを開栓します。

⑪水漏れを確認します。タンク周り、ウォシュレット周り、便器の下、分岐栓周りから水漏れがなければ完了です。

【200芯ソケット】

200芯ソケットとは、壁から床の排水管まで200mmの距離で、排水管に挿すソケットのことです。排水管にこの200芯を糊付けしてこの上に便器を押し込んで固定させます。
お問い合わせ