2019.05.08ブログ

給水用具(止水栓、分水栓、給水栓)

【止水栓】

止水栓は給水の開始、中止及び装置の修理、その他の目的で給水を制限、または停止するために使用する給水用具です。止水栓には甲形止水栓、ボール式止水栓、仕切弁、玉形弁などがあります。

甲形止水栓は止水部が落しコマ構造で損失水頭が大です。

ボール式止水栓は弁体が球状になっているので90度の回転で全開または全閉します。損失水頭は極めて小さいが逆流防止機能はありません。

仕切弁は弁体が上下し、全開または全閉する構造で損失水頭が極めて小さいです。

玉形辺は止水部が吊りコマ構造で損失水頭が大きいです。逆流防止機能はありません。

【分水栓】

分水栓は配水管から給水管を取り出すための給水用具です。水道用分水栓(甲形、乙形)は鋳鉄管からの分岐に用いられ、不断水穿孔機によって管にめねじを切って取り付けられます。サドル付き分水栓は配水管に取り付けるサドル機構と不断水分岐を行う止水機構を一体化したものです。割T字管はダクタイル鋳鉄管で分割型のT字管と仕切弁が一体構造のもので、配水管にボルトを用いて取り付けるものです。

【給水栓】

給水栓は給水装置で給水管の末端に取り付けられ、水を出したり止めたりする栓です。

・水栓類

水栓には横水栓、立水栓、湯水混合水栓、電子式自動水栓、小便器洗浄弁、大便器洗浄弁などがあります。

湯水混合水栓⇒ツーハンドル湯水混合水栓は湯側、水側の二つのハンドルを操作して、止水と吐水、吐水温度と量の調整を行います。シングルレバー湯水混合水栓は、一つのハンドル操作で止水と吐水、吐水温度と吐水量の調整を行います。サーモスタット湯水混合水栓は、吐水温度を設定しておけば、湯水の圧力や温度が変化しても湯水混合量を自動的に調整し、設定温度の混合水の供給が行えます。

・水道用コンセント

水道用コンセントは洗濯機、自動食器洗い機などの使用箇所にワンタッチでホースの脱着が出来るようにしたものです。

・ボールタップ

ボールタップはフロートの上下によって自動的に弁を開閉する構造で、水洗便所のロータンク、受水槽、貯蔵湯沸器などに使われます。単式と複式があります。副弁付定水位弁は主弁に副弁(小口径ボールタップ)を組み合わせたもので、副弁の開閉により主弁内に生じる圧力差によって開閉が円滑に行えるものです。主弁は副弁により徐々に開閉するので水撃作用(ウォーターハンマー)を緩和することができます。

・ダイヤフラム式ボールタップ

ダイヤフラム式ボールタップはフロートの上下に連動して圧力室内に設けられたダイヤフラムを動かすことにより吐水、止水を行います。給水圧力による止水位の変動が極めて少ないです。

 

 
お問い合わせ