2019.05.06ブログ

金属の給水管

【鋼管】

鋼管は引張強さが比較的大きく、耐食性に優れていて、薄肉化しており軽量で取り扱いが容易です。管の保管や運搬時に凹みなどが付かないように注意する必要があります。

【硬質塩化ビニルライニング鋼管】

鋼管の内面に硬質塩化ビニルがライニングされた構造となっており、強度については鋼管が、耐食性についてはビニルライニングが分担した複合管です。切断、ネジ切りではライニングされた塩化ビニル部分への局所加熱を避けることや内面にかえりが出ないようにします。外面使用により3種類あります。

SGP-VA:屋内配管用(外面は茶色の防錆塗装)、SGP-VB:屋内配管、屋外露出配管用(外面は亜鉛めっき)、SGP-VD:地中埋設配管、屋外露出配管用(外面は青色の硬質ポリ塩化ビニル)

【耐熱性硬質塩化ビニルライニング鋼管】

耐熱性硬質塩化ビニルライニング鋼管は、鋼管の内面に耐熱性硬質塩化ビニルをライニングした管です。連続使用許容温度は85℃以下で、給湯配管や冷温水管に使用されます。

【ポリエチレン粉体ライニング鋼管】

ポリエチレン粉体ライニング鋼管は、鋼管の内面にポリエチレン粉体を熱融着によりライニングした管です。外面仕様によりSGP-PA、SGP-PB、SGP-PDがあります。

【ステンレス鋼管】

ステンレス鋼鋼管は耐食性や強度に優れ、軽量化しているので取り扱いが容易です。管の保管、加工では傷をつけないように取り扱いに注意する必要があります。波状ステンレス鋼管は変位吸収性があり耐震性に富み、波状部において任意の角度が形成できて、継手が少なくてすむなど配管の加工性がよいです。配水管の分岐から水道メーターまでの配管に使用されています。

【銅管】

銅管は引張強さが比較的大きく、アルカリに侵されず耐食性に優れスケールの発生も少ないです。薄肉化しているので軽量で取り扱いが容易ですが、管の保管、運搬に際しては凹みなどを付けないように注意する必要があります。硬質銅管と軟質銅管があります。軟質銅管は4~5回の凍結では破損しないので、寒冷地の配管にも使用されています。被覆銅管は外傷防止と土壌腐食防止の効果があります。給湯配管として使用する場合にはpHが低く、遊離炭酸が多い水質では孔食が起こることがあります。

【ダクタイル鋳鉄管】

ダクタイル鋳鉄管は鋳鉄組織中の黒鉛が球状の為、強靭性に富み衝撃に強く、強度、耐久性に優れています。

 
お問い合わせ