2019.05.05ブログ

給水装置

【給水装置】

給水装置は使用者に水を供給するために水道事業者の施設した配水管から分岐して設けられた給水管と、給水管に直結する給水用具をいい、配水管と直接繋がっている設備です。

給水管は水道事業者の配水管から個別の使用者に水を供給するために設けられた管を言います。

給水用具は配水管からの分岐器具、給水管を接続する継手、給水管途中に設ける弁類、給水管路の末端に設ける給水栓、ボールタップ、温水洗浄便座、自動販売機、自動食器洗い機、湯沸かし器などを言います。通常は使用者の所有物です。

直結する給水用具は、給水管および給水用具に容易に取外しが出来ない構造として接続し、有圧のまま給水できる給水栓を言います。ホース等の容易に取外しが出来る状態で接続するものは除かれます。

水道メーターは水道事業者の所有物ですが、配水管から分岐された給水管に直結された水道メーターは給水装置に該当します。

使用者が、他の所有者の給水装置から分岐承諾を得て設けた給水管、およびこれに直結する給水用具は独立した給水装置です。

ビルで、いったん水道水を受水槽に受けてから給水する場合は、配水管から分岐して設けられた給水管から受水槽への注入口までが給水装置です。受水槽以降のボールタップ、給水栓、湯沸かし器などの給水用具は給水装置には該当しません。

マンションで、いったん水道水を受水槽に受け、戸別に水道メーターが設置されて給水する場合でも、受水槽への注入口までが給水装置であり、受水槽以降は給水装置に該当しません。

工場生産段階の給水管、湯沸かし器などの給水用具は給水装置に該当しません。

【給水装置工事の概要】

給水装置工事とは、給水装置の設置または変更の工事です。これは新設、改造、修繕、撤去の工事が含まれます。工事には調査、計画、施工、検査の一連の過程が含まれます。

新設工事は新たに給水装置を設置する工事です。改造工事は給水管の口径変更、管種変更、給水栓の増設など、給水装置の原形を変える工事です。次の工事もふくまれます。

・水道事業者が事業運営上施工した配水管の新設および移設工事に伴い、給水管の付替え、或いは布設替えを行う工事

・水道メーターの位置変更工事、埋設ルートの変更工事

・湯沸かし器の増設工事

修繕工事は、給水装置の原形を変えないで給水管、給水栓等の部分的な破損個所を修理する工事です。撤去工事は給水装置を配水管、または他の給水装置からの分岐部から取り外す工事です。

以下の作業は給水装置工事に該当しません。

・製造工場内において、湯沸器やユニットバスを組み立てる作業

給水装置の軽微な変更

【給水装置工事の費用区分】

給水装置工事に要する費用は、該当給水装置を新設、改造、修繕、撤去する使用者の負担となります。日常の管理責任も使用者です。
お問い合わせ