2019.05.02ブログ

水道の水質基準項目と基準値

【水道施設の基準】

水道により供給される水については水質基準、水質を構成する施設については施設基準、簡易専用水道については管理基準が定められています。

【水道水質基準】

水道水質基準には水質基準、水質管理目標設定項目、農薬類、要検討項目があります。水質基準は水道法に規定されている基準で、水道により供給される水はこの基準値を満足していなければなりません。水質基準は地域、水源の種別または浄水方法により、人の健康の保護または生活上の支障を生ずるおそれのあるものについて設定されています。水質基準は、常に最新の知見に照らして逐次改正されることになっています。

【水道水の水質基準値】

水道水によって供給される水の要件ですが、①病原生物に汚染され、又は病原生物に汚染されたことを疑わせるような生物若しくは物質を含まないこと。②シアン、水銀その他の有害物質を含まないこと。③銅、鉄、フッ素、フェノールその他の物質をその基準量を超えて含まないこと。④異常な酸性又はアルカリ性を呈しないこと。⑤異常な臭味がないこと。ただし、消毒による臭味を除きます。⑥外観は殆ど無色透明であることです。

【水質基準項目と基準値】

一般細菌・・・1mlの検水で形成される集落数が100以下であること

大腸菌・・・検出されないこと

カドミウム及びその化合物・・・0.003mg/ℓ以下

水銀およびその化合物・・・0.0005mg/ℓ以下

鉛およびその化合物・・・0.01mg/ℓ以下

ヒ素およびその化合物・・・0.01mg/ℓ以下

六価クロム化合物・・・0.05mg/ℓ以下

シアン化物イオンおよび塩化シアン・・・0.01mg/ℓ以下

硝酸体窒素および亜硝酸態窒素・・・10mg/ℓ以下

トリクロロエチレン・・・0.01mg/ℓ以下

総トリハロメタン・・・0.1mg/ℓ以下

*クロロホルム・・・0.06mg/ℓ以下、ジブロモクロロメタン・・・0.1mg/ℓ以下、ブロモジクロロメタン・・・0.03mg/ℓ以下、ブロモホルム・・・0.09mg/ℓ以下

鉄およびその化合物・・・0.3mg/ℓ以下

銅およびその化合物・・・1.0mg/ℓ以下

塩化物イオン・・・200mg/ℓ以下

硬度(カルシウム、マグネシウム)・・・300mg/ℓ以下

蒸発残留物・・・500mg/ℓ以下

陰イオン界面活性剤・・・0.2mg/ℓ以下

非イオン界面活性剤・・・0.02mg/ℓ以下

有機物(全有機炭素量)・・・3mg/ℓ以下

pH・・・5.8~8.6

味・・・異常でないこと

臭気・・・異常でないこと

色度・・・5度以下

濁度・・・2度以下

 

 

一戸建て、分譲マンション、賃貸アパート、店舗において、トイレ、キッチン、台所、厨房、浴室、洗面所、洗濯などの水道トラブルで
蛇口や配管、下水管の水漏れ、詰まりに対する修理、補修、交換、除去、解消を行います。

階下漏水や散水栓、水栓柱の交換、リフォームなども対応可能です。

熟練したスタッフが問題箇所、問題点を素早く的確に見つけ、解決方法をお客様にお伝えし、工事や修理作業をスピーディーに対応致します。

ご相談・お見積りは無料です。ご希望金額に添えるように致します。

年中無休で営業しておりますので、お気軽にご連絡ください(場合によっては夜間対応も行います)。

【神奈川県内全域対応】

横浜市、川崎市、相模原市の政令指定都市を中心に、
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、秦野市、
厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町も対応致します。

静岡県東部、東京都内も対応可能。

お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ