2019.04.14ブログ

藤沢市湘南台で風呂の蛇口を交換しました

藤沢市湘南台の賃貸アパートで風呂の蛇口を交換しました。シャワーホースとカランの切り替えハンドルが固くなって動かなくなっていました。賃貸だったので大家さんに確認して許可を得て作業を行いました。ユニットバス内の壁付の2ハンドル蛇口だったので、ホームセンターで同等品を購入し取り付けました。

浴室蛇口

【風呂の壁付蛇口の取り換え方法】

①屋外にある水道メーターを閉めます。

②壁についている脚(偏心管)と本体を固定しているナットをモンキーレンチで時計回りに回して取り外します。

③左右の脚(偏心管)を取り外します。右が給水管、左が給湯管です。モンキーレンチで反時計回りに外します。築年数が古い所だと壁の中の配管ごとズボッと抜けることがあるのでゆっくり大丈夫か確認しながら取ります。

④新品の脚(偏心管)を取り付けます。脚を壁の中についている水栓ソケットにねじ込むのですが、脚のオスネジにシールテープを巻きます。その際にテープが緩まないようにしっかり張りながら5~10回転ぐらい巻いていきます。更にその上にヘルメシール(接着剤)を付ければ水密性が上がります。水栓ソケットに3回以上は脚を回しながらねじこみます。

⑤本体を取り付けます。両足の高さ、奥行きを合わせて本体を脚と合わせてナットを回します。その際にナットの中にパッキンを入れ忘れないように注意します。

⑥カランを本体に取り付けます。カランのナットを時計回りにモンキーレンチで回して取り付けます。

⑦シャワーホースを本体に取り付けます。シャワーホースのネジはプラスチックなのでモンキーレンチでは無く手回しで締めます。工具で締めると割れる場合があります。

⑧全て取付が終わったら水漏れの確認をします。屋外の水道メーターを開けて、蛇口から水漏れが無いかを確認します。

【お風呂の壁付蛇口の種類】

今回は2ハンドルでしたが、最近のお風呂の蛇口はサーモスタット式と呼ばれる蛇口が一般的です。サーモスタット式は左に温度調整ハンドルがあり、これを回すと自動で温度調整が可能です。2ハンドルの場合は右と左のハンドルを自分で回して温度調整する必要があります。
お問い合わせ