2019.04.14藤沢市

藤沢市湘南台で風呂の蛇口を交換しました

こんにちわ、神奈川水道です。

藤沢市湘南台の賃貸アパートで風呂の蛇口を交換しました。

蛇口のシャワーホースとカランの切り替えハンドルが固くなって動かなくなっていました。

賃貸だったので大家さんに確認して許可を得て作業を行いました。

ユニットバス内の壁付の2ハンドル蛇口だったので、ホームセンターで同等品を購入し取り付けました。

浴室蛇口

【風呂の壁付蛇口の取り換え方法】

①屋外にある水道メーターを閉めます。

②壁についている脚(偏心管)と本体を固定しているナットをモンキーレンチで時計回りに回して取り外します。

③左右の脚(偏心管)を取り外します。

右が給水管、左が給湯管です。モンキーレンチで反時計回りに外します。

築年数が古い所だと壁の中の配管ごとズボッと抜けることがあるのでゆっくり大丈夫か確認しながら取ります。

④新品の脚(偏心管)を取り付けます。

脚を壁の中についている水栓ソケットにねじ込むのですが、脚のオスネジにシールテープを巻きます。その際にテープが緩まないようにしっかり張りながら5~10回転ぐらい巻いていきます。

更にその上にヘルメシール(接着剤)を付ければ水密性が上がります。水栓ソケットに3回以上は脚を回しながらねじこみます。

⑤本体を取り付けます。

両足の高さ、奥行きを合わせて本体を脚と合わせてナットを回します。その際にナットの中にパッキンを入れ忘れないように注意します。

⑥カランを本体に取り付けます。

カランのナットを時計回りにモンキーレンチで回して取り付けます。

⑦シャワーホースを本体に取り付けます。

シャワーホースのネジはプラスチックなのでモンキーレンチでは無く手回しで締めます。工具で締めると割れる場合があります。

⑧全て取付が終わったら水漏れの確認をします。

屋外の水道メーターを開けて、蛇口から水漏れが無いかを確認します。

 

【壁付蛇口を取り外す時の注意点】

壁付蛇口を取り外す時に、年数が経っている建物の場合は、蛇口の脚を回した際に、壁の中の配管が折れたり、取れたりしてしまうケースがあります。

壁の向こう側で落ちてしまったら、壁を壊して直すしかどうにもならないので、取り外す際にヤバそうな手応えだと、その旨をお伝えいたします。

 

【お風呂の壁付蛇口の種類】

今回は2ハンドルでしたが、最近のお風呂の蛇口はサーモスタット式と呼ばれる蛇口が一般的です。

サーモスタット式は左に温度調整ハンドルがあり、これを回すと自動で温度調整が可能です。2ハンドルの場合は右と左のハンドルを自分で回して温度調整する必要があります。

 

 

一戸建て、分譲マンション、賃貸アパート、店舗において、トイレ、キッチン、台所、厨房、浴室、洗面所、洗濯などの水道トラブルで
蛇口や配管、下水管の水漏れ、詰まりに対する修理、補修、交換、除去、解消を行います。

階下漏水や散水栓、水栓柱の交換、リフォームなども対応可能です。

熟練したスタッフが問題箇所、問題点を素早く的確に見つけ、解決方法をお客様にお伝えし、工事や修理作業をスピーディーに対応致します。

ご相談・お見積りは無料です。ご希望金額に添えるように致します。

年中無休で営業しておりますので、お気軽にご連絡ください(場合によっては夜間対応も行います)。

【神奈川県内全域対応】

横浜市、川崎市、相模原市の政令指定都市を中心に、
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、秦野市、
厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町も対応致します。

静岡県東部、東京都内も対応可能。

お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ