2019.04.07ブログ

小田原市でグリーストラップの清掃を行いました

小田原市でグリーストラップの清掃を行いました。ご依頼はラーメン店の不動産屋でした。今現在は使っていないとのことで、油脂が非常に多かったです。小さいグリーストラップでしたが、バキュームを持っていないので、手とバケツで油を除きました。この規模のグリーストラップにしては土嚢袋2袋分の油脂が出ました。しばらく使っていないとのことで油が固まってクッキーのようになっていました。油の臭いもかなりありました。



【グリーストラップの清掃方法】

①油脂が水面に浮かんでいるので、浮いている油脂をバケツですくっていきます。仕切り板があるので仕切り板を外すとやり易いです。仕切り板はネジで止まっている場合はモンキーでネジを回せば外れます。バキュームがあれば油脂もろとも水を吸引すればよいです。バキュームを持っていない時のやり方を記載します。油脂はかなりベトベトするので必ず手袋をします。手袋は使い捨て位の方がいいです。それぐらいベトベトつきます。

②油脂が水面に浮かばないぐらいバケツで除去した後に水をバケツや柄杓で排水管にながしていきます。底の方には油脂ではない沈んでいる残渣があるので、柄杓や手で取り除きます。

③ピット内を清掃します。タワシに洗剤を付けてゴシゴシ擦り奇麗にします。

④排水管にも油脂が詰まっているので、高圧洗浄機で洗浄します。高圧洗浄機はグリーストラップの排水管側からと、敷地の外に排水桝があるのでそちら側からと2箇所から洗浄ホースを入れます。どうしてもグリーストラップの清掃では油脂が流れやすいので念入りに高圧洗浄しないと、排水管に油脂が残ることになります。

⑤仕切り板を元に戻します。油脂はキッチンペーパー等に包んで産業廃棄物ゴミとして処理します。手袋や高圧洗浄のホースも作業後はベトベトになるので念入りに洗剤を付けて水洗いしないと次の作業に支障が出ます。

・使用した道具

手袋、ビニール袋、土嚢袋、長靴、高圧洗浄機、バケツ、手動式の灯油ポンプ、マイナスドライバー(桝開け)、タワシ、洗剤、キッチンペーパー
お問い合わせ