2019.04.03ブログ

綾瀬市で給湯配管の漏水対応を行いました

綾瀬市で給湯配管の引き直しを行いました。

給湯配管1

前日に洗面所の壁の中から水が漏れている音がするという問い合わせがあり、現場へ見に行きました。2Fの洗面化粧台を外して床下を確認しようと思っていましたが、台所下からも水が流れる音がして、台所の床下を確認した所、床下が濡れていました。水が流れる音はするのですが、床下に潜って漏水箇所を探しても水が出ている箇所は不明でした。給湯器についているバルブを止めると水道メーターの羽根車が回るのも止まるので、給水配管ではなく、給湯配管から漏水しているとわかりました。おそらく、給湯配管は銅管で銅管の上に白い被覆がされているので、経年劣化で銅管にピンホールが開いて、被覆されていない所まで湯がつたってきたと考えられます。漏水箇所を特定するのは被覆銅管を全てめくらないと分からないですが、作業スペースがありませんでした。そこで給湯器から各蛇口までの給湯配管の引き直しを提案し、了解を得ました。

給湯配管2 洗面所下の配管 浴室の点検口

作業途中の写真です。左から、洗面所の扉の下です。座付き水栓ソケットを付けた所です。浮いているのは蛇口の配管です。真ん中の写真は台所の給湯管を取り外してぽっかり穴が開いているところです。右の写真は浴室のユニットバス点検口を開けた所です。



外回りの露出配管です。HTVPという耐熱性塩ビ配管に保温材を巻いてバンドで固定しています。

 

【給湯配管の漏水対応について】

給湯配管の漏水対応について説明を記載します。まず、漏水箇所が不明な場合は水が湯のどちらが漏れているかを調べます。漏れているかは水道メーターの羽根車(パイロット)がクルクル回っているかで分かります。次に給湯器にはバルブが付いていますが、そこを閉めても水道メーターが回っていたら給水配管からの漏水、水道メーターが止まったら給湯配管からの漏水と判別できます。注意点としてガスのバルブもあるので間違えないようにしないといけないです。給湯器本体に水、湯、ガス、浴室循環の往、戻りという表示が書いています。

給湯配管の漏水と判断後、漏れている箇所が部分補修出来ない場合、給湯器から各蛇口への引き直しになります。最短距離で行います。家の中へは必要があれば壁に穴を開けて配管を通します。床下に通気口があればそこから配管を通します。家の外は配管を保温材で巻いた後に壁を這わすか、配管を埋設出来そうなら土を掘削して配管を見えないようにします。そうして給湯器から蛇口まで配管を繋げ、水道メーターを開けてみて水漏れが無かったら完了です。蛇口へ繋ぐときは座付き水栓ソケット(めねじをつければ蛇口の脚(偏心管)を入れることが出来ます。
お問い合わせ