2019.03.31ブログ

川崎市幸区でユニットバス内の修理をしました

フロートゴムボールタップトイレタンクのレバー浴室蛇口

川崎市宮前区で知り合いの不動産屋からユニットバス内の修理(トイレタンク内の修理と浴室蛇口の交換)のご依頼がありましたので対応しました。

①浴室蛇口交換。壁付きのシャワー付き2ハンドル混合水栓です。

②トイレタンク内の修理。フロートゴム、ボールタップ、レバーハンドル、フレキ管の交換です。

『壁付浴室蛇口の取り換え方法』

まずアパートの外にある水道メーターを止めます。次に蛇口の取外しです。蛇口本体と脚(偏心管)を繋いでいる左右のナットをモンキーレンチで時計回りに回して外します。次に脚(偏心管)を反時計回りに回して外します。取付は脚(偏心管)を壁の水栓ソケットのネジに差し込みます。その際に脚にシールテープを10巻き程度します。両脚を差し込んだら本体を付けます。左右のナットを完全に締める前に水平器で水平が取れているか確認します。本体を付けれたら水道メーターを開けて水漏れが無いかちゃんと確認して完了です。

『トイレタンク内の修理』

フロートゴムの交換。フロートゴムは既存品がサイフォン管(オーバーフロー管)の下部に引っかかっているので手で取り外します。新品をサイフォン管(オーバーフロー管)に引っ掛けます。鎖をレバーハンドルに引っ掛けます。その際にレバーを回してフロートゴムの上がり方を確認しながら鎖の長さを微調整します。フロートゴムが閉じている状態で少したわんでいる状態が通常です。

ボールタップの交換。ボールタップはナットでタンクに付いているので、ナットを反時計回りに回して外します。取り付ける時は浮き球がタンクに当たらないように真っすぐにしてナットを時計回りに回して取り付けます。浮き球がタンクの壁に当たり、上がりきらない状態になると水が出続けて止まらない現象が出てしまいます。

フレキ管の交換。ボールタップを付ける時に品番が違うとタンクと止水栓までの距離が変わって、元々のステンレス管が合わなくなる時が多々あります。その場合、フレキ管といって手で形を変えられる管を使って距離を合わせます。ホームセンター等でも購入できますが、水道屋はフレキカッターとツバ出し機を使ってフレキ管をその場で作ります。作成後、ボールタップと止水栓へ六角ナット(ゴムパッキン入り)で時計回りに締めて繋げます。

レバーハンドルの交換。レバーハンドルの動きがスムーズでない時はここも交換します。タンクの内側からナットで締めているので、緩めて外します。新品を取り付けたらゴムフロートの鎖を入れます。鎖の位置を微調整して完了です。

 

 

一戸建て、分譲マンション、賃貸アパート、店舗において、トイレ、キッチン、台所、厨房、浴室、洗面所、洗濯などの水道トラブルで
蛇口や配管、下水管の水漏れ、詰まりに対する修理、補修、交換、除去、解消を行います。

階下漏水や散水栓、水栓柱の交換、リフォームなども対応可能です。

熟練したスタッフが問題箇所、問題点を素早く的確に見つけ、解決方法をお客様にお伝えし、工事や修理作業をスピーディーに対応致します。

ご相談・お見積りは無料です。ご希望金額に添えるように致します。

年中無休で営業しておりますので、お気軽にご連絡ください(場合によっては夜間対応も行います)。

【神奈川県内全域対応】

横浜市、川崎市、相模原市の政令指定都市を中心に、
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、秦野市、
厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町も対応致します。

静岡県東部、東京都内も対応可能。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 
お問い合わせ