2019.03.21南区

横浜市南区でウォシュレットの漏水対応を行いました

こんにちは、神奈川水道です。

本日は、横浜市南区にて、ウォシュレットの漏水対応を行いました。

トイレの床から水漏れがあり、どこから漏れているか分からないとお客様から一報が入りました。

手で漏れそうな所を触っていくとウォシュレットから漏れているのがわかりました。

内部からの漏れで、ウォシュレットは20年ぐらい経っているので、お客様に交換をお勧めしました(ウォシュレットの耐用年数は電化製品なので7~10年です)。

 

写真は取り外したTOTOのウォシュレットです。

安価なウォシュレットをお客様が望んでいたのでパナソニックのビューティートワレに交換致しました。工賃込みで3万円です(処分も込み)

ビューティートワレは本体価格が15000円程度です。

基本的にウォシュレットは便器が違うメーカーでも取付られます(たまに他メーカーでは取り付けられないケースもあります)。

ウォシュレット

 

【ウォシュレットの説明】


ウォシュレットには本体の横にボタンがある袖付きタイプと、壁にリモコンが付いている壁付タイプがあります。

壁付タイプの方が価格は高いです。(参考:プロストアダイレクト

 

また、壁付タイプのリモコンで水が流れるタイプはタンクに専用のモーターを付ける必要があり、定価で10万円以上します。

TOTOで言えばアプリコットなどです。

モーターとタンクの品番を合わせる必要があり、何でも合うわけでは無いです。

 

また、壁付リモコンを付ける時は、壁が石膏ボードの場合はボードアンカーを打ってからビスを打たないと石膏ボードは通常のビスでは効かないのでリモコンが後々、落ちてくるリスクがありますので注意が必要です。

 

安価なウォシュレットを望む場合は1万円台のビューティートワレがおススメです。基本的にどのメーカーでも取付けることは可能です。ただ、昔の便器は小さい便器もあるので、その場合は前を合わせるので、少し後ろがはみ出る感じになります。

 

なお、ウォシュレットはTOTO製品の呼び名で、温水洗浄便座が一般呼称です。また、温水の作り方に貯湯式と瞬間式がありますが、瞬間式のほうが価格は高くなります。

貯湯式はウォシュレットのタンク内に温水を貯める方式で、瞬間式はすぐに温水を作り出します。

 

【既存ウォシュレットの取外し方法】


取り付け方は、大抵のウォシュレット横にはボタンがあるので、それを押しながら前に引き出すと外せます。すると、ウォシュレットを取り付けていたベースプレートが便器に付いているので、ビスで付いている場合はプラスドライバーで反時計回りに回します。

ビスが無ければ便器の下からナットがあるので、手で回します。そうするとベースプレートも取れます。あとは電気のコンセントとアースを取り外すことと、止水栓の上の分岐栓をモンキーレンチで外します。

これで既存ウォシュレットを取外しが可能です。取り外したウォシュレットは粗大ごみで処分可能です(地域にもよる?)。

勿論弊社で既存のウォシュレットの処分も承ります。

 

【新規ウォシュレットの取付け方法】


新しいウォシュレットの取付は、既存ウォシュレットの取外しと逆工程をすればいいわけですが、まず新規のベースプレートを付けます。

ベースプレートは左右のビス2本を締めることで取り付けられます。

ベースプレートは前後に数センチ動かすことが出来て、その調整によってウォシュレットの位置を若干前後に移動させられます。

そこに新規のウォシュレットをかけ、分岐栓を付けて、コンセントを挿して完了です。

 

【ウォシュレットの確認】


そしてノズルから温水が出るのを確認するわけですが、貯湯式ではすぐには温水が出ません。10分ぐらい経って温まるとノズルから温水が出てきます。

瞬間式ではすぐに温水が出てきます。

また、分岐栓や止水栓などから水漏れが無いかもチェックする必要があります。

パッキン等を付け忘れたり、斜めに入れたり、ナットをしっかり締めないと水漏れすることがあるので、そこも施工後に確認します。

水漏れが無かったら施工はOKです。




神奈川水道コラム~雑談と世間話~

豆知識「浄化槽」ってなに?




環境に配慮して、生活排水をあらかじめ自宅で浄化した水を排水するという試みが定着してきました。

そこで利用されているのが浄化槽です。

し尿だけでなく台所や風呂、洗濯などの生活雑排水もいっしょに処理する浄化槽です。

それだけにさまざまな性質の汚水を処理する能力が要求されます。

こうした状況を浄化槽を使用する家族のみんなが理解し、浄化槽が機能を十分に発揮できるように協力することが大切です。

浄化槽には大きく分けて単独浄化槽と合併浄化槽に分かれています。

それぞれの処理能力は単独浄化槽では BOD除去率65%以上、放流水のBOD濃度90mg/L以下であること。

合併浄化槽では BOD除去率90%以上、放流水のBOD濃度20mg/L以下 であることが定められています。

日本では2001年4月 に単独浄化槽の新設が禁止され、現在は合併浄化槽のみが新設の浄化槽として認められています。

※BODとは:水の汚れの度合いを表す指標のひとつ。どのくらい水中の酸素を使うかということを表します。

水の中に住む微生物たちは、水の汚れを分解してくれるものがいます。水の汚れを分解するときに、使う酸素の量。これが、少なくなると、悪臭の発生や魚の窒息死などの問題が発生します。

 

※BOD除去率(-じょきょりつ)

流入排水中のBODのうち、処理装置等の中で除去された割合。次式で算出する。BOD除去率(%)=(流入BOD濃度-流出BOD濃度)/流入BOD濃度×100(濃度の単位:mg/狗淪)

*********

豆知識「雨水浸透桝」ってなに?




都市化が進み、アスファルトで覆われた地域では、土の地面と違い、雨水は地面から地中に浸透することができず、全部下水道に流入します。このため、地盤沈下、井戸水、河川の枯渇化等が心配されます。

かつて、田畑や緑地がはたしていた、雨水を地中に浸透させるという役割の回復が必要になっています。

こうした形で市街化が進み、雨水が地下に浸透せずに川へ一気に流れ込むようになってきたことで、川はあふれやすくなり、床上・床下浸水や道路冠水などの被害がたびたび発生するようになりました。

その一方で、水源となる地下水や湧き水の量は減少し、川の水質悪化や地盤沈下の原因の一つになっています。

こうした現象を防ぐには、屋根に降った雨水を地中に染み込ませる「雨水浸透桝」の設置が有効です。新築・増改築をする際や、浸透桝が設置されていない住宅での設置をお願いします。各家庭に設置する事で防げるかもしれません。(引用:鎌ヶ谷市HPより)(参考:東京都

 




●神奈川水道(水道局指定工事店)~弊社について~

 

【弊社作業内容】
一戸建て・マンション・店舗においてキッチン(台所、厨房)、トイレ、浴室、洗面所、洗濯等の水道トラブルを熟練のスタッフが丁寧に修理しますので安心してお任せください。
配管の水漏れを修理をしたい、配管の引き直しをしたい、下水つまりの解消、下水管を修理したい等のご要望も、高い技術で信頼と実績がございます。

【その他の作業】
階下漏水や屋外の水栓柱・散水栓の水漏れ(土、コンクリート)、蛇口の修理・交換、トイレの修理・交換、洗面化粧台交換、製氷機の設置等にもスピーディーに対応します。

【お見積り】
ご相談・お見積りは無料で、お気軽にご相談下さい。
出来るだけご希望金額に沿えるように致します。

【営業時間】
年中無休で9~23時まで営業しておりますので、電話またはお問い合わせメールより、お気軽にご連絡ください。(場合によっては夜間対応も実施します)
現場をみて無料でお見積り致します。予定が空いていれば即日対応致します。

【資格】
給水装置工事主任技術者の資格を有しています。

水道局指定工事店です。

◆県営水道指定給水装置工事事業者(茅ヶ崎市)認定番号3021

・対応地域
神奈川県全域を対応致します。

【政令都市】横浜市、川崎市、相模原市

【横須賀三浦地域】横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町

【県央地域】厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村

【湘南地域】平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町

【県西地域】小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

日程の都合がつけば、静岡県東部や東京都内も対応しますのでお気軽にお問合せ下さい。

現場を見て最適な方法をご提案いたします。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお問合せ下さい。

 

その他のトイレのトラブルの料金など詳しくはコチラ!


 
お問い合わせ