2019.03.19ブログ

座間市で汚水桝つまりで高圧洗浄をしました

座間市の市営住宅で汚水桝詰まりで高圧洗浄をしました。
1ヶ月前に高圧洗浄をしたばかりなのにまた呼ばれたので何かあるなと思いながら作業をしました。

考えられる原因として、①勾配が取れていない②排水管に異物が詰まっている③排水管が割れたり、抜けたりして砂利が詰まっている等が想定されます。以下の写真は左が高圧洗浄機、真ん中が詰まっている排水管、右が高圧洗浄後の排水管です。

高圧洗浄後にトイレットペーパーを流したところ、トイレットペーパーが汚水桝の上で止まりました。どうも勾配がいまいちのようです。また、隣の家に人がいない状態で共用の桝の水量が減っていることも大きな要因となっているようです。

高圧洗浄機 排水管1 排水管2

【市営住宅】

市営住宅だったので、請求は市の水道課へすることになりました。市役所に請求書を持っていき、担当者に説明もしました。汚水桝の上でトイレットペーパーが止まることを説明しましたが、おそらく汚水桝と周辺の管をやり直すことになると思われます。

【桝の補修】

市によると汚水桝を交換するようです。桝交換について説明を記載します。まず、汚水桝の底が見えるまでスコップで土を掘ります。桝底と周辺の管が全て出るまである程度の周りを掘ります。その際の注意点としては桝周りにガス管、給水管、給湯管、電気管等がある可能性があるので極力手掘りで行います。電気工具でこれらの管に当たったら一発で管が割れてしまいます。

次に、桝周りの既存配管を切断して桝を取り除きます。そうした上で新規の桝を設置し、切断した管に新規の塩ビ管を糊で接着して繋げます。その際に勾配が取れるように注意します。汚水管(トイレ)の勾配は水が流れる方向へ1m毎に1㎝以上下がればOKです。雑排水(生活排水)は2m毎に1㎝でOKです。しっかり付けて糊が乾いた後に水を流してみて、水溜まりが無く、スムーズに流れれば完了です。水の流れを確認したら土を埋めます。掘った時より、土の量は減っているので土を足しながら踏み固めます。ちなみに管径は汚水管が75mmか100mm、雑排管が40mmか50mmです。

【管内の勾配確認】

管内の勾配が取れているかは水を流してもわかりますが、はっきり見ようとすれば管内カメラを入れればよく分かります。カメラで見ればリアルタイムに水溜まりもわかりますし、管が割れていないか抜けていないか、木の根っこが生えていないか等もわかります。高性能なカメラは画質も良いですが20万円ぐらいする機材なので高価です。
お問い合わせ