2019.03.14ブログ

横浜市中区でトイレ水漏れの対応をしました

横浜市中区の喫茶店でトイレから水漏れという案件が入りました。実は前月にウォシュレットの水漏れでウォシュレットを交換していたお店でした。横浜市中区は我々の拠点の近くです。

最初、電話が来た時に私が施工した箇所の水漏れでクレームかと思いましたが、違う箇所でした。

現場を見てみると、床がびしょ濡れでした。うーん、どこから濡れているのだろう。見ただけでは分からないのでトイレの各箇所で濡れている所を手で触って確認していきます。


こういう場合にお客様が出来ることとして

トイレの床が濡れている場合、まずどこから水漏れしているか確認することです。それによって取る対応が変わります。


①ウォシュレットの下から濡れている場合
ウォシュレットの給水タンクから漏れています。

1〜2年ならメーカー保証期間かもしれませんので、保証書を確認して下さい。保証期間内なら無料で点検・修理可能です。年数が経っている場合は電気コンセントを抜いて水道屋を呼んで下さい。

ウォシュレット内部から漏れていて7~10年以上経っていると経年劣化なので交換になります。



②タンクの下から水漏れしている場合
タンクと便器の間の密結パッキンの劣化が考えられます。
難易度は高いですが、タンクを確実に外せる方なら自分で出来るかもしれません。ただし、自分で作業する場合にはタンクを真っすぐつけないと密着パッキンがずれて水漏れを起こします。もしくはタンク下にヒビが入っています。この場合はタンク交換になります。

③タンクの横から水漏れしている場合タンクにヒビが入っているか結露です。タンクにヒビが入っている場合は交換です。少しヒビの線が入っている程度ならコーキングで応急処置も可能です。結露の場合、外気と内気の温度差が原因なので窓にテープを張ったり、結露防止のスプレーや給水テープなど色々対策は出来るかと思います。




④便器と床から水漏れしている場合
便器と床を繋ぐガスケット(ゴムパッキン)が劣化している。
この場合は便器を外してガスケットを付け直せば直ります。
ただ、便器を外す作業はご自分で作業されると水漏れ原因になるので水道屋に任せた方がいいです。

⑤止水栓及び給水管から漏れている場合
漏れている箇所を交換する。下にバケツなどを置いて水道屋を呼んでください。

ご自分で作業する場合は家の外にある水道メーターを止めて止水栓もしくは給水管をパイプレンチで外します。水道メーターを止めずに止水栓を外すと悲惨なことになります。水圧は半端ないので手で止めながら作業等出来ません。私はやったことありますが・・・。

まず、止水栓を外す場合は給水管が一緒に回らないようにしっかりパイプレンチで固定する必要があります。新しい止水栓を付ける時にシールテープもしっかり巻く必要もあります。

給水管を外す場合は、給水管より先の壁や床側の配管が動かないか注意して外します。もし壁や床の中で配管が取れると、壊して補修になるので基本的にはご自分で作業されない方がいいです。

⑥全くどこからも漏れていないのになぜか濡れている場合。
タンク上部の手洗い管とタンク内を繋ぐパッキンの劣化で水しぶきが飛んでいる、もしくはオシッコや手を洗った際の水ハネの可能性があります。オシッコや手洗いの水ハネの場合、便器の前側のみが濡れています。また、一度拭いたらしばらく様子を見ると水が出てこなくなります。





トイレ交換

タンクや便器が割れていたり、劣化していたりする場合はトイレ交換となります。その場合の方法を簡潔に記載します。

①外の水道メーターを止めます

②ウォシュレットを取り外します。方法は電気のコンセントと止水栓についている分岐栓を外します。本体の側面のボタンを押しながらウォシュレットを便器から外します。

③タンクを取り外します。方法は手洗い管を外します。タンク下に便器と繋いでいるネジがあるので、それを反時計回りに回してネジを取ります。タンクを持ち上げて取り外します。重量があるので慎重に作業します。

④便器を取り外します。方法は床にビスを打って便器を止めているのでそれをドライバーで取ります。インパクトドライバーとメガネレンチがあれば外し易いです。便器の種類により変わりますが、便器の後方2か所と前方1か所にビス打ちしている場合が多いです。ビスを取った後、便器を持ち上げて外します。その際、便器と床を繋いでいるソケットにパッキンが入っていますが、パッキンと便器がしっかり密着していると結構固いので、便器を横に振りながら力を入れて持ち上げます。便器が傷つかないように、且つ結構な力を加えてないと取れないケースがあるので注意です。

⑤排水ソケットを取り外します。ただし、塩ビ排水管とソケットは専用の糊で付いていので、床のツラで排水管をノコギリで切ります。この排水管を切るのは狭い空間でしゃがみながら切るので実際やると中々切れずに意外と大変です。これで既存トイレや発生したゴミを処分して取外し作業は終了です。

⑥取付作業は、基本的に取外し作業と逆に進めれば問題ないです。

注意点は新しい便器を取り付ける場合は床が気の場合はビスがそのまま効きますが、床がコンクリートの場合は開けたい位置に下穴を開けてからアンカープラグを入れて、その上にビスを入れます。それと便器には壁から何センチに排水管の中心があるかという排水芯を合わせる必要があります。最近のトイレは壁から全て20cmに排水管が来るように設計されていますが、昔のトイレは排水芯がバラバラなので、アジャスターを付ける必要があります。

トイレを買う前に排水芯を調べないと、いざ付ける時にこのトイレはここには付けられませんという最悪な結果になってしまいます。

便器さえうまく付ければ、タンクとウォシュレットは外した手順と逆に進めれば問題なく付けれます。水道屋はすんなりいく場合だと20分で外して30分で取付けます。取付が終わったら水道メータ―を開けて、水を流してみて漏れがないか確認して完了です!
お問い合わせ