2019.03.12ブログ

横浜市戸塚区でトイレ詰まりの対応をしました

横浜市戸塚区の一戸建でトイレ詰まりの案件依頼が入りました。
1階のトイレつまりで、まずローポンプ作業をしましたが、水を出すと便器に溜まりますがすぐに水位が減っていきます。
もしや、これは配管詰まりかな?と思い家の中で外の排水管を見たところ、排水桝にトイレットペーパーの塊で配管を閉塞させていました。

そこで、排水管の高圧洗浄を行い、紙の詰まりを除去してあげると元の通りスッキリ流れるようになりました。
よって、作業完了です!

トイレの詰まりについて説明すると、トイレが詰まる原因として、以下の3点があります。
①紙と便で便器が詰まる
②便器に①以外の異物を流してしまった
③排水管が詰まる

まず、ご家庭で出来る対処方法をご紹介致します。

①紙や便が詰まっている場合は、便器の水位がすぐには下がらず、そのままです。
ご家庭で対応出来る方法としては、ラバーカップを買ってきてシュポシュポやってみることです。
根気よく何回か、空気が入らないように便器の穴に押し込んでシュポシュポ!
大抵はそれで直ります!

②便器に異物を流してしまった場合は、軽くて小さい物ならラバーカップで抜けるかもしれません。
ダメなら水道屋に連絡を・・・。

③排水管が詰まっている場合は、排水桝を棒などで突いて流れるようになるかです。
排水管が詰まっていたら散水栓のホースを突っ込んでみて水圧で詰まりが流れるかです。
ダメなら水道屋に連絡を・・・。

ご家庭で対応出来ることをしてみて、ダメなら我々水道屋の出番です。
水道屋が何をするかというと、①の場合、ご家庭のラバーカップではなくもっと大きなローポンプを使います。

ローポンプ
結構、大きいです。

②の場合、トイレを全て外します。
トイレは便器、タンク、温水洗浄便座の3点で構成されています。
まずは温水洗浄便座(ウォシュレット)を外します。
便座の横に押すと外れるボタンがあるのですが、「こんなに簡単にはずれんだ〜」と皆さんおっしゃいます。
次にタンクですが、これはタンクと便器を繋ぐナットがあるのでそこを反時計回りに回すと外れます。
注意点は外す事より戻す時でタンク下のパッキンがズレたら水漏れするので、ズレないように付け直す必要があります。
最後は便器で、大抵陶器で重たいので割らないように注意して外します。
異物は便器をひっくり返すと、便器の裏に挟まっているか、便器と配管を繋ぐかっこいいから「ソケット」に詰まっています。

③最後に排水管が詰まった場合は高圧洗浄です。

高圧洗浄機

専用の機械(ガソリン式と電気式)で洗っていきます。
有名な電気式のケルヒャーは洗浄能力が落ちるので、私はガソリン式のアサダ製を使っています。ただし20万弱かかります・・・。
結構音は出ますが洗浄能力は申し分無いです。詰まっている箇所に当てて抜けなかった事は一回も無いです。
私は15メートルのホースにコック付きの15メートルのホースをジョイントさせて使っています。本体から30メートルあるので、大抵の所は対応可能です。
本体を動かして、ホースを排水管に入れてエンジンを入れてコックを捻ります。
進行方向と逆にジェット噴射するのでホースがガンガン進んで詰まっている箇所に当たります!
しばらく押したり引いたりすると、詰まりが取れてきます。根気よく作業して紙や便が出なくなったら無事完了です!
お問い合わせ