2019.02.14ブログ

横浜市旭区にてトイレ詰まりを対応しました

2/12


横浜市旭区の一戸建てにて、トイレ詰まりの案件依頼が入りました。
電話の時点で、2Fのトイレを流すと1Fのトイレの水位が上がると聞いていたので、これは便器が詰まっているのではなく、配管が詰まっているのだなと分かりました。
現場で実際に2Fのトイレを流してみると、確かに1Fのトイレの水位が上がります。
よって、配管詰まりと確信したので、屋外の排水桝を探し始めました。
しかし排水桝が無い・・・!!
道路と家の敷地の境界線付近に大きな最終桝はありましたが、トイレまでは遠すぎる。ここから高圧洗浄のホースを入れても、曲がりも沢山あるので詰まりは抜けない。分かってはいましたがやるしかないのでやりました。が、抜けない。こうなれば方法は2つです。
【対応】
①家と最終桝までの間にあるであろう土に埋もれてる汚水桝をなんとか探す。
②家の中で便器を脱着してそこから高圧洗浄をする。ただし、逆流してくるので溢れそうになったらバケツで汲み出す。この人海戦術はかなり労力を要します。
しかし、①はトイレが家のちょうど真ん中にあり、四方のどこに排水桝があるか分からない状況でした。
今日は①をして見つからなかったら②をしようと決めました。
築40年で中古で家を購入されており、配管図も無く、上から土を引いているので、家の周りをバールでつつき、スコップで掘りまくりました。そして、遂に2時間くらい頑張ってトイレの排水桝を見つけました。開けてみるとペーパーが排水管を完全に塞いでいます。ホースで流しながらバールで突いていくとペーパーが砕けて詰まりが取れました。配管内に残ったペーパーは高圧洗浄で清掃しました。
⇨高圧洗浄10メートル、40000円(税抜き)【今後】
最終桝の横にあったコンクリート汚水桝と、埋もれていたコンクリート汚水桝が劣化で割れていました。割れた箇所に紙が詰まったり、水が配管に行かず下に落ちてしまう状況でした。特に埋設していた汚水桝の周りの土が軟らかかったのは水が漏れていた為と思われます。
埋設の汚水桝は周りが土だったので10万、最終桝の隣の汚水桝は周りがコンクリートで且つ深かったので20万の計30万円で桝交換の見積りを出しておきました。
割れ方が酷かったので、あれは早急に直した方がいいかと思われます。
放っておくと、非常に詰まりやすい状況であり、水が漏れているので土が流されて家が傾く可能性があります。

2/13
横浜市港南区にて、洗濯機の排水詰まりの案件が入りました。戸建の賃貸です。
現場で実際に洗濯機を動かして水を排出すると台所の排水管から排水が出てきました。どうやら台所の油脂詰まりで、洗濯機の排水管も詰まったようです
高圧洗浄5メートルで30000円(税抜)
かなり油脂が出てきました。
【追加】
トイレの水が止まらないようで水道代が月4万円かかっていたとのこと。
ボールタップとフロートゴムを、合わせて15000円(税抜)で交換。
水道メーターのパイロット(赤い羽根車)も動いていないことを確認しました。

2/14
東京都新宿区にて、知り合いの不動産屋からの依頼で台所蛇口交換を行いました。
2ハンドルの台付き蛇口で、給水配管は鉄管にフレキ管が、給湯配管は銅管がそのまま蛇口に付いていました。
共に止水栓は付いておらず、非常に狭い中での作業になりました。
給湯配管は銅管をレシプロで切ってテクタッチ(ワンタッチのオスアダプター)を付けて、そこからフレキ管を蛇口まで付けました。
給水配管はフレキ管を交換。
⇨計40000円(税込)

2/14
東京都中野区にて、先輩の水道屋から、知り合いが台所詰まりが抜けないので応援に行くよう要請がありました。その知り合いの方はケルヒャーの7メートルの電気高圧しか持ってなかったようです。
(僕らは15メートルのガソリン式高圧洗浄機)
まだ、経験も浅いとのことで応援となりました。2階のアイランド式のシステムキッチンで横引きが長い排水管で、確かに詰まり易い構造をしていました。
外周りの排水桝から高圧洗浄をしても、詰まりまでホースが当たらず意味が無いと判断。
2階からローポンプをかけましたが抜けず。そのまま高圧洗浄をしても逆流して溢れるので、50mmの排水配管にエルボと直管を足して、直感の出口に50ℓコンテナを置いて、逆流してもコンテナに入るように細工をしました。
そこで、高圧洗浄を開始!
結構、逆流して油脂が出てきましたが、割とスムーズに詰まりは抜けました。
⇨26000円(税込)

2/14
東京都世田谷区にて、トイレの給水配管が折れたという案件依頼が入りました。
現場で見ると、鉄管に折れた給水管がささっていました。パイプレンチで給水管が取れたら18000円(税抜)で、固着してい取れなかったら壁(木造)を壊すのでもっと費用かかりますと伝えました。
結果、折れた給水管がキレイに取れました。
新しい給水管と止水栓を、給水配管(鉄管)に繋げて、フレキ管もボールタップに繋げて完了!
すぐ終わりました。

お問い合わせ